2. php - よく使う関数

 
 例によってこれは『わたしが』よく使う関数です。
2.1 strpos 文字列の検索
2.2 explode 文字列の分割
2.3 date ローカルの日付/時刻を書式化

2.1 文字列の検索

 文字列の検索を行うには strstr() を使用します。

$結果 = strstr($検索対象の文字列, $検索する文字列);
 文字列が見つからない場合は、false が返ります。  見つかった場合は、文字列が最初に現れた位置から末尾までの文字列を返します。  stristr() にすると大文字小文字を区別しません。  だがしかし、PHP のマニュアルによれば、文字列の有無のみを検索する場合は strpos() の方がメモリ消費が少なく、高速だそうです。  リターン値を考えればわかりますが。

$結果 = strpos($検索対象の文字列, $検索する文字列);
 文字列が見つからない場合は、false が返ります。  見つかった場合は、先頭からの相対位置を 0 始まりで返します。

2.2 explode 文字列の分割


array $array = explode(string $delimiter, string $string);
 $delimiter に分割する文字をいれて $string を分割します。  動作を分かりやすく見てみます。

/usr/home/hogehoge/lang/php/explode.php
 で以下のソースを作成します。

<?php

$file = __FILE__;

$split = explode('/', $file);

foreach ($split as $i => $value)
{
    print $split[$i]."\n";
}
?>
 これを実行すると、以下の結果が得られます。


usr
home
hogehoge
lang
php
expload.php

2.3 date ローカルの日付/時刻を書式化


date('書式文字列', [タイムスタンプ]);
 第2引数のタイムスタンプを省略するとシステム時刻になります。  書式文字列でわたしがよく使うのは
書式 意味
y西暦4桁
m月を0パディング。01~12。
n月を0サプレス。1~12。
d日を0パディング。01~31。
j日を0サプレス。1~31。
H時を0パディング。0~23。
i分を0パディング。0~59。
s秒を0パディング。0~59。