Perl - perldoc - 記述

 クラウディア
1. 記述

1. 記述

 ファイル名を「doc.pm」として、以下のようなソースを書いて

=encoding utf8

=head1 ヘッダ1

ヘッダ1なのだ

=head2 ヘッダ2

ヘッダ2なのだ

=head3 ヘッダ3

ヘッダ3なのだ

=head4 ヘッダ4

ヘッダ4なのだ

=cut

> perldoc doc.pm
 としましたらば、下記のように表示されます。
「perldoc」-「表示例」


=encoding utf8
 は、ドキュメントのエンコードを定義しています。

=head1 ヘッダ1

ヘッダ1なのだ
 の箇所は実際のドキュメントの記述です。  「HTML」の 「h1」~ 「h6」に対応しているらしく 「head1」~ 「head6」まで書けるらしいのですが・・・。わたしの環境では、「head5」、「head6」はエラーになりました。  「headx」と 「headx」の間には、少なくとも1行以上の空行が必要です。

=cut
 はドキュメントの記述の終わりを示します。  ドキュメントの記述は必ずこの行によって閉める必要があります。
JETBOY
 
 
カウンタバックグラウンド