perl - 概要・基本文法 - 配列

 
1. 概要
2. 全件処理

1. 概要

 perl では、単純な配列は、変数名の先頭に「@」をつけます。

2. 全件処理

 「for」もしくは「foreach」を使用することで、配列への全件アクセスができます。
#!/usr/local/bin/perl

my @array = ('aa', 'bb', 'cc');

for my $item (@array)
{
	print $item."\n";
}

 を実行すると、下記の結果が得られます。
aa
bb
cc
#!/usr/local/bin/perl

my @array = ('dd', 'ee', 'ff');

foreach my $item (@array)
{
	print $item."\n";
}

 を実行すると、下記の結果が得られます。
dd
ee
ff
 
 
カウンタバックグラウンド