Haskell - 文法 - コメント

 クラウディア
1. コメント

1. コメント

 単一行コメントと複数行コメントがあります。  「C言語」でいうところの「//」と「/*」~「*/」ですな。  単一行コメントが「--」で、「--」以降は、コメント扱いになります。  複数行コメントが「{-」~「-}」だそうで、「C言語」あたりだとコメントのネストは許さないのですが、「Haskell」はネスト OK だそうです。  なので、下記のソースを書いて、コンパイルしても、エラーもワーニングも発生しませんでした。
main = putStrLn "Hello World!"  --  これが単一行コメントで

{- 
    これが複数行コメント

    {-  ネストも OK ですって    -}    
-}
 
 
カウンタバックグラウンド