C言語 - 標準ライブラリ - その他

 クラウディア
1. 概要
2. stat
3. dirname, basename

1. 概要

 このあたりになると、プラットフォームや個々のコンパイラにより、ばらつきが見られてきます。

2. stat


#include <sys/types.h>
#include <sys/stat.h>

int stat(const char *path, struct stat *sb);
 「stat」は、「path」が指すファイルの情報を取得します。指定したファイルの読取り権、書込み権、実行権は必要ありません。  しかし、そのファイルへ至るパス名で列挙されたすべてのディレクトリは、検索可能であることが必要です。  成功して終了したときには値「0」を返します。  そうでない場合、値「-1」が返され、グローバル変数「errno」が設定されてエラーを示します。  わたしは、もっぱら、ファイルやディレクトリの有無を見るときに単に戻り値だけを見たりします。  正確には、「sb」の中も見なければだめなんですけどね。

3. dirname, basename


#include <libgen.h>

char *dirname(char *path);

char *basename(char *path);
 「dirname」は、「path」で示す、フルパスのファイル名より、ディレクトリの部分文字列を取得します。  「basename」は、「path」で示す、フルパスのファイル名より、ファイル名のみの部分文字列を取得します。
 
 
カウンタバックグラウンド