C言語 - 標準ライブラリ - string.h

 
1. strerror strerror_r エラー番号に対応する文字列を取得
2. strtok strtok_r 文字列からトークンを取り出す

1. strerror strerror_r

 strerror() 関数は、エラー番号の引数 errnum を受け取って、それに対応するメッセージ文字列へのポインタを返します。  strerror_r() 関数は、同じ結果を最大 buflen 文字数の strerrbuf に直し、成功した場合は 0 を返します。

char *strerror(int errnum);
int   strerror_r(int errnum, char * strerrbuf, size_t buflen);
 通常、errnum に与える番号は「error.h」に定義されている、errno です。

2. strtok strtok_r 文字列からトークンを取り出す


char *strtok(char *str, const char *sep);
char *strtok_r(char *str, const char *sep, char **last);
 長年使っておるのですが、今は strsep に置き換えられているそうで、そちらを使った方がいいらしい・・・。  ってことで strsep に書き直すので 追而書