HTML - タグ - img

 
1. 概要
2. キャッシュさせない

1. 概要

 コンテンツに、画像要素を配置します。  詳細な説明は「「: 埋め込み画像要素 - HTML: HyperText Markup Language | MDN」」をご参照ください。  基本的な形式は

<img src="/パス/画像ファイル名" width="幅" height="高さ" title="タイトル" alt="画像の説明">
 「width」「height」は、現在(2020年1月15日)では、推奨されていないようで、スタイルで定義するようです。  「title」もなんかなぁ?以前は、画像が表示されないときに「titile」に書いてある内容が、表示されていたのですが・・・。  「title」は、画像上にマウスをホバーしたときに、ツールチップとして表示されます。  「alt」が、画像が表示されないときに、テキスト表示されます。

2. キャッシュさせない

 「.css」で同じような現象が起こります。  サーバ上のファイルを更新したのに、ブラウザにキャッシュが残っているため、画像ファイルを更新して、ブラウザを表示更新しても、表示上、変更されたように見えないのです。  まぁ、キャッシュさせるのはわかります。画像ファイルは、ある程度の多きがありますので、いちいち送受信していたのでは、表示に時間がかかってしまいます。  なので、一切キャッシュさせないという設定をするのも考えもので・・・。  結局、「.css」と同様の逃げ方があります。  「src="/パス/画像ファイル名"」の記述を「src="/パス/画像ファイル名?更新日時"」とすれば、ブラウザが違うファイルだと判断して、再読込を行ってくれるようです。