FreeBSD 12.2 RELEASE - qmail - IMAP 設定 - インストール・設定・起動

 クラウディア
1. vpopmail
2. courier-authlib-vchkpw
3. courier-imap
4. 設定
5. 起動

1. vpopmail


cd /usr/ports/mail/vpopmail
make config
 下記が、デフォルトのオプションになります。
「FreeBSD 12.2 RELEASE」-「/usr/ports/mail/vpopmail」「make config ①」」
「FreeBSD 12.2 RELEASE」-「/usr/ports/mail/vpopmail」「make config ②」」
「FreeBSD 12.2 RELEASE」-「/usr/ports/mail/vpopmail」「make config ③」」

 まだ、よくわかっていないのですが、デフォルトのオプションの他、以下にチェックをいれました。

	・PASSWD
	・QMAIL_EXT
	・SPAMASSASSIN

 今んとこ、「MD5」形式に対応していないので、以下のチェックを外しました。

	・MD5_PASSWORDS


cd /usr/ports/mail/vpopmail
make
make install

2. courier-authlib-vchkpw


cd /usr/ports/mail/courier-authlib-vchkpw
make
make install
 オプションはありません。  前項の「vpopmail」インストール時にあやまりがあると、本項の「make」で失敗しますので、ご注意ください。  こもし失敗した場合は、「vpopmail」をインストールし直す必要があります。  「make deinstall clean」後に、いったん  「/etc/group」から

vchkpw:*:89:
 の行を削除して(「vi」で編集)  「/etc/passwd」から

vpopmail:*:89:89::0:0:VPop Mail User:/usr/local/vpopmail:/nonexistent
 の行を削除して(「vipw」で編集)、「vpopmail」を「make」からインストールし直すことで、問題は解消します。

3. courier-imap


cd /usr/ports/mail/courier-imap
make config
 下記が、デフォルトのオプションになります。
「FreeBSD 12.2 RELEASE」-「/usr/ports/mail/courier-imap」「make config」」

 デフォルトのオプションの他、以下にチェックをいれました。

	・AUTH_VCHKPW
	・GNUTLS

 どうも「GNUTLS」にチェックをいれておかないと


Jul 30 15:36:57 ns imapd-ssl: ip=[::ffff:192.168.10.36], couriertls: read: error:14094412:SSL routines:ssl3_read_bytes:sslv3 alert bad certificate
 てなエラーになって接続できないようなのです。

cd /usr/ports/mail/courier-imap
make
make install
 前項までの項目は、「make」「install」にそれほど時間はかかりませんが、本項はかなり時間がかかります。

4. 設定


vi /usr/local/etc/authlib/authdaemonrc

authmodulelist="authuserdb authvchkpw authpam authldap authmysql authpgsql"

##NAME: authmodulelistorig:4
#
# This setting is used by Courier's webadmin module, and should be left
# alone

authmodulelistorig="authuserdb authvchkpw authpam authldap authmysql authpgsql"
 下記へ変更します。

authmodulelist="authvchkpw authpam"

##NAME: authmodulelistorig:4
#
# This setting is used by Courier's webadmin module, and should be left
# alone

authmodulelistorig="authvchkpw authpam"
 「FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - メールサーバ」で作成した、証明書のパス/ファイルが

/etc/ssl/mail/cert.pem
 であったとします。  なんだか「dhparams.pem」てぇものが必要みたいなので

openssl dhparam -out /etc/ssl/mail/dhparams.pem 2048

/usr/local/etc/courier-imap/imapd-ssl
 の

TLS_CERTFILE=/usr/local/share/courier-imap/imapd.pem

TLS_DHPARAMS=/usr/local/share/courier-imap/dhparams.pem
 へ、合わせて、シンボリックリンクを作成します(ついでに、「pop3d」用も)。

ln -s /etc/ssl/mail/cert.pem     /usr/local/share/courier-imap/imapd.pem
ln -s /etc/ssl/mail/cert.pem     /usr/local/share/courier-imap/pop3d.pem
ln -s /etc/ssl/mail/dhparams.pem /usr/local/share/courier-imap/dhparams.pem
 後で気づいたことですが、このままであるとログに

Aug  4 14:56:08 ns imapd-ssl: /usr/local/etc/courier-imap/shared/index: No such file or directory
 てなものが、表示されます。  「Fedora 9サーバの設定(メール篇:TLS) - Resilient Mind」を参考に

touch /usr/local/etc/courier-imap/shared/index
 しておきます。  起動設定を行います。

sysrc courier_authdaemond_enable=YES
sysrc courier_imap_imapd_enable=YES
sysrc courier_imap_imapd_ssl_enable=YES

5. 起動


service courier-authdaemond start
service courier-imap-imapd start
service courier-imap-imapd-ssl start
ハイスピードプラン
 
 
カウンタバックグラウンド