FreeBSD 12.1 RELEASE - qmail - 起動スクリプトの作成 - qmail-pop3d

 クラウディア
1. qmail-pop3d
2. qmail-pop3d-ssl

1. qmail-pop3d

 qmail-pop3d の起動スクリプトを作成して、編集します。

vi /usr/local/etc/rc.d/qmail-pop3d
 以降、ドメイン名を「vm.sing.ne.jp」、メールサーバホスト名を「ns.vm.sing.ne.jp」として記述しています。  くれぐれも、お間違えのないよう、実際に記述する際は、適宜、置き換えてください。  以下のように記述します。

#!/bin/sh
#
# PROVIDE: qmailpop3d
# REQUIRE: LOGIN cleanvar
# KEYWORD: shutdown

qmailpop3d_enable=${qmailpop3d_enable:-"NO"}

. /etc/rc.subr

name=qmailpop3d
rcvar=qmailpop3d_enable

load_rc_config $name

start_cmd=qmailpop3d_start
procname=/usr/local/bin/tcpserver
command=/usr/local/bin/tcpserver
pidfile=/var/run/qmailpop3d.pid

qmailpop3d_start()
{
	echo "Starting qmaili-pop3d."

    /usr/local/bin/tcpserver -v \
        0 pop3 /var/qmail/bin/qmail-popup vm.sing.ne.jp \
        /usr/local/bin/checkpassword \
        /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir \
        2>&1 | /var/qmail/bin/splogger pop3d &
    pid=`expr $! - 1`
    echo $pid > $pidfile
}

run_rc_command "$1"

2. qmail-pop3d-ssl

 前項の「SSL」版です。  本項は、「SSL」の証明書が必要ですので、必ず先に「FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - メールサーバ」の「証明書」に関する項を参考にして、作成しておいてください。  qmail-pop3d の起動スクリプトを、作成して編集します。

vi /usr/local/etc/rc.d/qmail-pop3d-ssl
 以下を記述します。  ほとんど前項と同じですので、違う箇所を緑太字にしています。  前ページと同じく、前項で作成したファイルをコピーして編集する方が速いかもしれません。

#!/bin/sh
#
# PROVIDE: qmailpop3d
# REQUIRE: LOGIN cleanvar
# KEYWORD: shutdown

qmailpop3d_enable=${qmailpop3d_enable:-"NO"}

. /etc/rc.subr

name=qmailpop3d_ssl
rcvar=qmailpop3d_enable

load_rc_config $name

start_cmd=qmailpop3d_start
procname=/usr/local/bin/tcpserver
command=/usr/local/bin/tcpserver
pidfile=/var/run/qmailpop3d-ssl.pid

qmailpop3d_start()
{
    echo "Starting qmaili-pop3d-ssl."

    /usr/local/bin/tcpserver -v \
        -s -n /etc/ssl/mail/cert.pem \
        0 pop3s /var/qmail/bin/qmail-popup vm.sing.ne.jp \
        /usr/local/bin/checkpassword \
        /var/qmail/bin/qmail-pop3d Maildir \
        2>&1 | /var/qmail/bin/splogger pop3ds &
    pid=`expr $! - 1`
    echo $pid > $pidfile
}

run_rc_command "$1"
 11、19、23、26、27、30行の色付け部分が、前項と異なる部分です。  26行の「-s -n /etc/ssl/mail/cert.pem」は、必ず「/usr/local/bin/tcpserver」の直後に記述します。  位置が変わると証明書をチェックできず、クライアントとの接続がタイムアウトになります。
 
 
カウンタバックグラウンド