FreeBSD 11.4 RELEASE - apache - リダイレクション

 クラウディア
1. 概要
2. mod_alias、mod_rewrite
3. インデックスのリダイレクト
4. ファイルのリダイレクト
5. index.php を index.html へリダイレクト

1. 概要

 サーバのファイルを頻繁に更新していると煩雑になり、整理して移動した結果、コンテンツが以前の場所と違うため、以前にアクセスしていた人が訪れると「404」のエラーになることが多々あります。  「html」ファイルでリダイレクションさせることもできますが、いちいち「html」ファイルを作成するのは骨が折れますし、結局、ディレクトリ内がごちゃごちゃしてしまいます。  「apache」の機能を使ってリダイレクトさせることで1ディレクトリもしくは1ファイル分を1行でリダイレクトさせることができます。

2. mod_alias、mod_rewrite

 以降の処理を行うには、「apache」に「mod_alias」がインストールされていることが前提となります。  デフォルトで「mod_alias」はインストールされていると思いますが

/usr/local/libexec/apache24/mod_alias.so
/usr/local/libexec/apache24/mod_rewrite.so
 が存在すること。
/usr/local/etc/apache24/httpd.conf
 で

LoadModule alias_module libexec/apache24/mod_alias.so
LoadModule rewrite_module libexec/apache24/mod_rewrite.so
 の行がコメントアウトされないことを確認しておいてください。(2行が連続しているわけではありません)  コメントアウトされていれば、コメント文字を外し、インストールされていなければ

> cd /usr/ports/www/apache24
> make config
 で「mod_alias」のオプションをチェックして

> make deinstall
> make
> make install
 します。

3. インデックスのリダイレクト

 これは移動とは少し異なりますが、「http://www.hogehoge.ne.jp/」のドキュメントルートが

/usr/local/www/apache24/data
 としてこの配下にごちゃごちゃものを置きたくなくて、「http://www.hogehoge.ne.jp/site/」へのアクセス先を

/usr/local/www/site
 配下に置きたい場合、

/usr/local/etc/apache24/httpd.conf
 に記述することも可能ですが、サブディレクトリごとに設定したい場合

/usr/local/etc/apache24/Include/site.conf
 を作成して中に以下のように記述します。

Alias /site 	/usr/local/www/site/

<Directory "/usr/local/www/site">
    Options ExecCGI -Indexes +Includes
    AllowOverride All
    Require all granted
</Directory>
 オプションは個々のサイトにあった設定にします。  設定ファイルのチェックを行って問題がなければ再起動します。

> /usr/local/etc/rc.d/apache24 configtest
> /usr/local/etc/rc.d/apache24 restart

4. ファイルのリダイレクト

 個々のファイルをリダイレクトさせるには、例えば

/usr/local/www/site/site1.html
 を

/usr/local/www/site/site01.html
 に変更した場合

/usr/local/etc/apache24/Include/site.conf
 に以下を記述します。

Redirect /site/site1.html	/site/site01.html
 でリダイレクトできます。  「php」ファイルへの引数をつけることもできます。  この場合、注意すべきは「html」で記述する場合「?引数1=値1&amp;引数2=値2」と記述しますがリダイレクトの記述の場合「?引数1=値1&引数2=値2」とエスケープさせないで記述します。

5. index.php を index.html へリダイレクト

 これはまさにこのサイトで行ったことですが、インデックスを「index.php」にしたり、「index.html」にしたりしておりました。  で、今(2020年7月20日)は「index.html」なのです。  すると「http://freebsd.sing.ne.jp/」に対してアクセスしてくれれば問題ないのですが「http://freebsd.sing.ne.jp/index.php」にブックマークしたり、検索エンジンで「index.php」と書いているところがあるようで。  エラーログに

・・・ [error] [client ] script '/・・・/index.php' not found or unable to stat
 というのがやたら出るのです。  これを解消するにはまず、ディレクトリ定義箇所で「Allowoverride」を「All」にします。

<Directory "/ディレクトリ名">
	・・・
	Allowoverride	All
	・・・
</Directory>
 つぎに対象のディレクトリのルートに「.htaccess」を作成して、以下のように記述します。

RewriteEngine On                    ← 書き換えのエンジンを起動
RewriteBase /                       ← ベースディレクトリを指定
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f ← もしターゲットのファイル名がなければ
RewriteRule index\.php index\.html  ← index.php を index.html に書き換える
 後は、「apache」の「configtest」と「graceful」でうまくリダイレクトできるようになります。
高速大容量レンタルサーバ10G
 
 
カウンタバックグラウンド