FreeBSD 11.4 RELEASE - apache24 - 概要・インストール

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. インストール時のメッセージ

1. 概要

 かつて、ウェブサーバでは、「apache」がもっともシェアが大きいものでした。  FreeBSD に限らず「Netcraft」の調査によれば、2015年10月、apache の使用率は 34.96% で 1位だったのです。  2016年6月に「Apache」37%、「IIS」36% と逼迫した状態になりました。  以降、逆転、再逆転の時期がありました。  2017年7月に「Apache」27%、「IIS」41% 以降は、差が縮まることはあるものの「IIS」の優勢は変わらず。  2018年よりまた「IIS」が伸び始めました。  2019年6月現在、「nginx」32.97%、「Apache」28.08%、「IIS」15.39%。「IIS」と「nginx」の逆転現象になっているようです。  その中、「Apache」は、割を食ってシェアが減るかと思いきや、微増しています。不思議なものですな。  2020年7月現在、「nginx」36.00%、「Apache」25.45%、「IIS」12.52%。  「nginx」が増えた結果、「Apache」「IIS」共にシェアを落としているようです。  「nginx」はまださわっていません。  「Apache」には長年安定した運用の実績があるので、未だに「Apache」を使用しています。  以下、「apache」の設定方法および apache で使用できるツールの設定について記述していきます。  「apache」でメジャーとなっているバージョンに「1.3」「2.0」「2.2」「2.4」と 4つの系列があります。  ここでは、「2.4」の設定方法ついて説明します。  というか、2020年7月13日現在、「ports」には、「apache24」しか、存在しておりません。  ログローテーションに関しては「メンテナンス・トラブルシュート - ログ」の項をご参照ください。

2. インストール


cd /usr/ports/www/apache24
make config
 たくさんのオプションがありますが、デフォルトのままにしています。
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ①」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ②」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ③」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ④」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ⑤」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ⑥」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ⑦」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ⑧」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ⑨」
「FreeBSD 11.4 RELEASE」-「/usr/ports/www/apache24」「make config ⑩」

 最後のページを少しいじって、「MPM」の設定を変えてスレッドを動作させるようにするとレスポンスが速くなるらしいのです。

 「MPM_WORKER」を選択してみます。

 その他は、デフォルトのままいじっていません。

 確認が終わったら、インストールします。


make
make install

3. インストール時のメッセージ

 インストール時のメッセージを掲載しておきます。

===>  Installing for apache24-2.4.43
===>  Checking if apache24 is already installed
===>   Registering installation for apache24-2.4.43
Installing apache24-2.4.43...
===> Creating groups.
Using existing group 'www'.
===> Creating users
Using existing user 'www'.
To run apache www server from startup, add apache24_enable="yes"
in your /etc/rc.conf. Extra options can be found in startup script.

Your hostname must be resolvable using at least 1 mechanism in
/etc/nsswitch.conf typically DNS or /etc/hosts or apache might
have issues starting depending on the modules you are using.


- apache24 default build changed from static MPM to modular MPM
- more modules are now enabled per default in the port
- icons and error pages moved from WWWDIR to DATADIR

   If build with modular MPM and no MPM is activated in
   httpd.conf, then mpm_prefork will be activated as default
   MPM in etc/apache24/modules.d to keep compatibility with
   existing php/perl/python modules!

Please compare the existing httpd.conf with httpd.conf.sample
and merge missing modules/instructions into httpd.conf!

===> SECURITY REPORT:
      This port has installed the following files which may act as network
      servers and may therefore pose a remote security risk to the system.
/usr/local/libexec/apache24/mod_cgid.so

      This port has installed the following startup scripts which may cause
      these network services to be started at boot time.
/usr/local/etc/rc.d/apache24
/usr/local/etc/rc.d/htcacheclean

      If there are vulnerabilities in these programs there may be a security
      risk to the system. FreeBSD makes no guarantee about the security of
      ports included in the Ports Collection. Please type 'make deinstall'
      to deinstall the port if this is a concern.

      For more information, and contact details about the security
      status of this software, see the following webpage:
https://httpd.apache.org/
ハイスピードプラン高速大容量レンタルサーバ10GTSUTAYA DISCASKiPuRu
 
 
カウンタバックグラウンド