FreeBSD 11.4 RELEASE - qmail - IMAP に挑戦 - Thunderbird から接続

 クラウディア
1. 概要
2. 設定
3. デフォルトの状態
4. サーバ内の状況

1. 概要

 「Windows10 Pro verion 2004」「Thunderbird 78.0.1」から「IMAP」で接続してます。  当初、試験機で接続しようとしていたのですが、わたしの設定がまずいのか、「Thunderbird」の融通がきかないのか。  サーバ証明書で自己認証したものを証明書として、受け付けてくれなかったのです。  2020年8月4日、接続できませんでした。  なので、「Let's Encrypt」の正式な証明書を持ってるサーバを使用して、試験してみます。

2. 設定

 基本的な設定に関しては、「メール クライアント ソフト - Thunderbird」をご参照ください。  「IMAP」での設定に絞って・・・。  「メールアドレスセットアップ」で「IMAP-SSL」を設定するには、こんな感じ
「Thunderbird 78.0.1」-「メールアドレスセットアップ」

 設定後「IMAP」のメールサーバのユーザ名が何故か、ドメイン付きの名前になっていたりしますので、本サイトの設定では、「@」以降を削除します。

3. デフォルトの状態

 メニューとフォント以外は、ほぼ初回接続時のデフォルトの状態です。
「Thunderbird 78.0.1」-「デフォルトの状態」

4. サーバ内の状況

 サーバのユーザホームにある「Maildir」は、最初

Maildir/
|-- cur
|-- new
`-- tmp
 てな状態ですが・・・。  いったん、「Thunderbird」で接続した時点で

Maildir/
|-- .Trash
|   |-- courierimapkeywords
|   |-- cur
|   |-- new
|   `-- tmp
|-- courierimapkeywords
|-- cur
|-- new
`-- tmp
 「Claws Mail」と違って、ごみ箱しか作らないんですな。  「.Trash」が「ごみ箱」と表示されるところがちょっと言語的に進んでいます。  下書きを保存すると、サーバに「.Drafts」ディレクトリが作成されて、クライアントに「下書き」というフォルダで表示されます。  メールを送信すると、サーバに「.Sent」ディレクトリが作成されて、クライアントに「送信済トレイ」というフォルダで表示されます。  クライアントで日本語でフォルダを作成すると、サーバ上に日本語「UTF-8」でフォルダが、作成されます。
TSUTAYA DISCASTSUKUMOネットショップ
 
 
カウンタバックグラウンド