xmonad - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定

1. 概要

 「FreeBSD」には、画面キャプチャプログラムはキー定義されていませんでした。  「ArcoLinux」では、定義されているものの、クリップボードにとれない。

2. インストール

 あれこれ、試してみた結果、「mate-screenshooter」が一番使い勝手が良かったので、「mate-screenshot」を使用することにします。  2020年9月4日、「xfce4-screenshot」を「xfce4-clipman」と使うのがより良いので、絶賛移行中です。  インストールするには、「root」ユーザで  「ArcoLinux」では

yes | pacman -S xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin
 「FreeBSD」では

pkg install -y mate-utils

3. 設定

 アクティブウィンドウは、とろうとしても、「xmonad」には、アクティブウィンドウの概念がないようです。  すべて、全画面でとれちゃいます。  なのでキー定義は、Print で、「mate-screenshot」を起動するのみにします。

vi ~/.xmonad/xmonad.hs
 「FreeBSD」では、キー定義の位置

myKeys conf@(XConfig {XMonad.modMask = modm}) = M.fromList $

    ・・・	略	・・・

        , (f, m) <- [(W.view, 0), (W.shift, shiftMask)]]
 の間に、下記の行を追加します(「ArcoLinux」の場合は、書き換えですね)。

    --SCREENSHOTS
    , ((0, xK_Print), spawn $ "mate-screenshot")
 「ArcoLinux」では

  , ((0, xK_Print), spawn $ "scrot 'ArcoLinux-%Y-%m-%d-%s_screenshot_$wx$h.jpg' -e 'mv $f $$(xdg-user-dir PICTURES)'")
  , ((controlMask, xK_Print), spawn $ "xfce4-screenshooter" )
 を下記へ変更します。

  , ((0,           xK_Print), spawn $ "xfce4-screenshooter -c -f")
               , ((controlMask, xK_Print), spawn $ "xfce4-screenshooter -c -w" )
 「AcroLinux」では、さらにログイン時に「xfce4-clipman」を起動します。

cat << EOF >> ~/.xmonad/scripts/autostart.sh
run xfce4-clipman &
EOF
 「~/.xmonad/xmonad.hs」を再コンパイルして、ログインしなおします。
U-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド