xmonad - 共通事項 - コンパイル(重要)

 クラウディア
1. 概要
2. コンパイル
3. 0.15_3

1. 概要

 話が、前後してしまって申し訳ないのですが。  「xmonad」では、他のタイル型ウィンドウマネージャと違って、定義ファイルを変更してもそれだけでは、ログインしなおしたとしても反映されないのです。  例えば、「awesome」で使用している「lua」は、スクリプト言語なので、再ログインすれば読み直して反映されますが、「xmonad」は、そうはいかない。  すなわち

vi ~/.xmonad/xmonad.hs
 は、単に、ソースファイルであって、いったんコンパイルしないと、定義ファイル本体を作成してくれないのです。

2. コンパイル

 「ArccoLinux 19.12.15 xmonad」では

  , ((modMask .|. shiftMask , xK_r ), spawn $ "xmonad --recompile && xmonad --restart")
 という定義があって、Win+Shift+r を押せば、少し待つことになりますが、コンパイルして、反映されます。  明示的に行うのであれば、端末を開いて

xmonad --recompile && xmonad --restart
 とします。

3. 0.15_3

 これが、「FreeBSD」で「xmonad」が「0.15_3」になると、ファイル名も手順も変わってくる。  ファイル名が

vi ~/.xmonad/config.hs
 であり

~/.xmonad/build
xmonad --recompile 
xmonad --restart
 の3手順になってしまうのだ(2020年7月16日現在)。
 
 
カウンタバックグラウンド