spectrwm - FreeBSD 11.4 - 環境構築

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. SDDM カスタマイズ
4. .desktop ファイルの作成
5. ユーザ用初期化ファイルの作成
6. /etc/rc.conf 編集
7. ログインマネージャ起動

1. 概要

 「ArcoLinux 20.07.5」で「spectrwm」を扱おうとするので、「FreeBSD」でも扱ってみます。  下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。  ここまでの時点で、システムインストールと「VirtualBox Guest Additions」の設定は終わっているものとします。  ぞれぞれのインストール・設定に関しては 「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - システムインストール」 「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項 - VirtualBox Guest Additions」  をご参照ください。
 項目   内容   備考 
ホスト Windows10 Version 2004
VitualBox Version 6.1.12
ゲスト FreeBSD 11.4 RELEASE
ログインマネージャ SDDM

2. インストール


pkg install -y xorg numlockx ja-font-migmix
pkg install -y sddm sddm-freebsd-black-theme hal cursor-neutral-white-theme
pkg install -y spectrwm
 2020年9月4日の時点で、下記のバージョンでした。

$ pkg info spectrwm
spectrwm-3.4.1
Name           : spectrwm
Version        : 3.4.1
Installed on   : Fri Sep  4 19:08:43 2020 JST
Origin         : x11-wm/spectrwm
Architecture   : FreeBSD:11:amd64
Prefix         : /usr/local
Categories     : x11-wm
Licenses       : ISCL
Maintainer     : zeising@FreeBSD.org
WWW            : https://github.com/conformal/spectrwm
Comment        : Small, dynamic tiling window manager for X11
Options        :
        EXAMPLES       : on
Shared Libs required:
        libxcb-util.so.1
        libX11-xcb.so.1
        libX11.so.6
        libXft.so.2
        libXcursor.so.1
        libxcb-icccm.so.4
        libxcb-randr.so.0
        libxcb.so.1
        libxcb-xtest.so.0
        libxcb-keysyms.so.1
        libxcb-xinput.so.0
Annotations    :
        FreeBSD_version: 1103000
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 224KiB
Description    :
Spectrwm (previously known as scrotwm) is a small dynamic tiling window
manager for X11.  It tries to stay out of the way so that valuable screen
real estate can be used for much more important stuff.  It has sane
defaults and does not require one to learn a language to do any
configuration.  It was written by hackers for hackers and it strives to be
small, compact and fast.

It was largely inspired by xmonad and dwm.  Both are fine products but suffer
from things like: crazy-unportable-language-syndrome, silly defaults,
asymmetrical window layout, "how hard can it be?" and good old NIH.
Nevertheless dwm was a phenomenal resource and many good ideas and code was
borrowed from it.  On the other hand xmonad has great defaults, key bindings
and xinerama support but is crippled by not being written in C.

WWW: https://github.com/conformal/spectrwm

3. SDDM カスタマイズ

 ログイン画面の解像度を「1366x768」とし、キーボードレイアウトを「jp.106」にします。  「root」ユーザで

cat << EOF >>  /usr/local/share/sddm/scripts/Xsetup

xrandr --output VGA-0 --mode 1366x768 --rate 60
setxkbmap -layout jp
EOF
 ログイン画面のテーマとカーソルを変更します。  「root」ユーザのまま

sddm --example-config > /usr/local/etc/sddm.conf
vi /usr/local/etc/sddm.conf

[Theme]
# Current theme name
Current=breeze

# Cursor theme used in the greeter
CursorTheme=breeze_cursors
 を下記へ変更します。

[Theme]
# Current theme name
Current=sddm-freebsd-black-theme

# Cursor theme used in the greeter
CursorTheme=Neutral++_White

4. .desktop ファイルの作成

 ログイン時に有効となるよう、「.desktop」ファイルを作成します。  「root」ユーザで

mkdir -pv /usr/local/share/xsessions

cat << EOF >> /usr/local/share/xsessions/spectrwm.desktop
[Desktop Entry]
Name=spectrwm
Comment=A lightweight window manager for the X Windowing System
Exec=spectrwm
Terminal=false
TryExec=spectrwm
Type=Application
EOF

5. ユーザ用初期化ファイルの作成

 「root」ユーザで

cat << EOF >> /usr/share/skel/dot.xsession
#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
setxkbmap -layout jp
numlockx &
#xsetroot -cursor_name left_ptr
/usr/local/bin/VBoxClient-all
EOF
chmod +x /usr/share/skel/dot.xsession
 「EOF」の前の行は、「VirtualBox」の「Client」でのみの設定です。  既存のログインユーザで、まず、セッション開始の手順をスケルトンよりコピー。

cp /usr/share/skel/dot.xsession ~/.xsession

6. /etc/rc.conf 編集

 前項までインストール・設定したものを有効にします。  「root」ユーザで

cat << EOF >> /etc/rc.conf

polkitd_enable="YES"
dbus_enable="YES"
hald_enable="YES"
sddm_enable="YES"
EOF

7. ログインマネージャ起動

 「root」ユーザで

service dbus start
service hald start
service sddm start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。  ユーザ名・パスワードを入力してログインします。
「spectrwm FreeBSD 11.4」-「ログイン画面」

高速大容量レンタルサーバ10GSirusiJETBOYTSUTAYA DISCAS
 
 
カウンタバックグラウンド