spectrwm - 共通事項 - フローティングウィンドウ

 クラウディア
1. 概要
2. 書式
3. わたしの定義

1. 概要

 わたしが、フローティングウィンドウで表示するものを、一覧化しておきます。

2. 書式


vi ~/.spectrwm.conf
 で

 quirk[クラス名:プログラム名]  = FLOAT
 の書式で記述するようです。  ここで、「クラス名」「プログラム名」は

xprop | grep CLASS
 でウィンドウをクリックしたときに表示される内容で

WM_CLASS(STRING) = "プログラム名", "クラス名"
 のようです。  (左右入れ替えかよ、面倒くせぇな)

3. わたしの定義

 わたしの使う定義(よく使うプログラムってことです)を記述しておきます。

 quirk[Atril:atril]                         = FLOAT
 quirk[Brasero:brasero]                     = FLOAT
 quirk[Clamtk:clamtk]                       = FLOAT
 quirk[Claws-mail:claws-mail]               = FLOAT
 quirk[Chromium-browser:chromium-browser]   = FLOAT
 quirk[Conky:Conky]                         = FLOAT + ANYWHERE + IGNORESPAWNWS
 quirk[Eclipse:Eclipse]                     = FLOAT
 quirk[Gimp-2.10:gimp-2.10]                 = FLOAT
 quirk[libreoffice-startcenter:libreoffice] = FLOAT
 quirk[Lxappearance:lxappearance]           = FLOAT
 quirk[octopkg:octopkg]                     = FLOAT
 quirk[Pamac-manager:pamac-manager]         = FLOAT
 quirk[smplayer:smplayer]                   = FLOAT
 quirk[Termit:termit]                       = FLOAT
 quirk[Termite:termite]                     = FLOAT
 quirk[Thunderbird:Mail]                    = FLOAT
 quirk[Thunar:thunar]                       = FLOAT
 quirk[Xfce4-appfinder:xfce4-appfinder]     = FLOAT
 quirk[XTerm:xterm]                         = FLOAT
ハイスピードプラン
 
 
カウンタバックグラウンド