i3wm - FreeBSD 11.4 RELEASE - タスクマネージャ Conky

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。  本ページで不明な点は、「共通事項 - タスクマネージャ Conky」をご参照ください。

2. インストール

 小さいのでお手軽に、「pkg」コマンドでインストール。  「root」ユーザで

pkg install -y conky

3. 設定

 コンフィグレーションファイルを作成して編集します。  以下、ログインユーザで。

mkdir -pv ~/.config/conky/
conky -C > ~/.config/conky/conky.conf
vi ~/.config/conky/conky.conf

conky.config = {
    alignment = 'top_left',
    background = false,
    border_width = 1,
    cpu_avg_samples = 2,
 左上の表示を右上へ、バックグラウンド表示・ダブルバッファリングを有効にします。

conky.config = {
    alignment = 'top_right',
    background = true,
    double_buffer = true,
    border_width = 1,
    cpu_avg_samples = 2,

    font = 'DejaVu Sans Mono:size=12',
    gap_x = 60,
    gap_y = 60,
    minimum_height = 5,
    minimum_width = 5,
 フォントを変更して少し小さく、右端との間隔を少し狭くします。  末尾にキー操作を追加して、幅が足りなくなるので、幅を広くします。

    font = 'MigMix 1M:size=8',
    gap_x = 10,
    gap_y = 60,
    minimum_height = 5,
    minimum_width  = 300,

    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'desktop',
    show_graph_range = false,
 透過はできませんでした。  アプリケーションウィンドウの上には表示しないようにします。

    own_window_class = 'Conky',
    own_window_type = 'override',
    own_window_argb_visual = true,
    own_window_argb_value  = 150,
    own_window_hints = 'undecorated,below,sticky,skip_taskbar,skip_pager',
    show_graph_range = false,

${scroll 16 $nodename - $sysname $kernel on $machine | }
 ホスト名等がスクロール表示するのをスクロールさせずに、複数行でデスクトップ名も含めて表示します。

${color grey}System :$color $sysname $kernel on $machine
${color grey}Desktop:$color ${execi 999999 echo $XDG_CURRENT_DESKTOP}
${color grey}Conky  :$color $conky_version

${color lightgrey} ${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}
]]
 末尾に、自分が忘れてしまいそうなキー操作を記述しておきます。

${color lightgrey} ${top name 4} ${top pid 4} ${top cpu 4} ${top mem 4}
$hr
${color lightgrey}$$mod ${goto 180}${color}Win
${color lightgrey}クローズ ${goto 180}${color}$$mod+Shift+q
${color lightgrey}メニュー ${goto 180}${color}$$mod+m
${color lightgrey}フローティング表示 ${goto 180}${color}$$mod+Shift+Space
${color lightgrey}終了メニュー ${goto 180}${color}$$mod+x
]]

4. 自動起動

 ログイン時に、自動起動するように設定します。  フローティング表示も同時に設定します。

vi ~/.config/i3/config
 末尾に以下の2行を追加します。

for_window [class="Conky"] floating enable
exec --no-startup-id conky

5. 表示

 ログインしなおすと、デスクトップ右に、「Conky」の表示が現れます。
「i3wm FreeBSD 11.4」-「Conky」「表示」

Tokyo Speed Wi-FiSirusi
 
 
カウンタバックグラウンド