i3wm - FreeBSD 12.1 RELEASE - タスクマネージャ Conky

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定
4. 自動起動
5. 表示

1. 概要

 「conky」は、Unix/Linux で動作する、タスクマネージャです。  詳細は、「Conky - Wikipedia」をご参照ください。

2. インストール

 root ユーザで、以下のコマンドでインストールします。

pkg install -y conky

3. 設定

 設定に関しては、「共通事項 - タスクマネージャ Conky - FreeBSD の設定」の「FreeBSD 12.1 RELEASE」の項をご参照ください。  フォントサイズは、10pt でもまだ大きいので、7pt にします。  また、「i3wm」は、キー操作を忘れないように、主なキー操作について、末尾に以下の行を追加しています。

$hr
${color lightgrey}$$mod ${goto 190}${color}Win
${color lightgrey}クローズ ${goto 190}${color}$$mod+Shift+q
${color lightgrey}メニュー ${goto 190}${color}$$mod+m
${color lightgrey}フローティング ${goto 190}${color}$$mod+Shift+Space
${color lightgrey}全画面キャプチャ ${goto 190}${color}Print
${color lightgrey}アクティブウインドウキャプチャ ${goto 190}${color}Ctrl+Print
${color lightgrey}終了メニュー ${goto 190}${color}$$mod+x
 このせいで、文字がはみ出たりしますので、

minimum_width = 5,
 の部分は、下記に変更します。

minimum_width = 300,

4. 自動起動

 ログイン時に、自動起動するように設定します。

~/.config/i3/config
for_window [class="Conky"] floating enable
 に、2行追加します。

exec --no-startup-id conky

5. 表示

 再ログイン後、デスクトップ右に、「Conky」の表示が現れます。
「i3wm FreeBSD 12.1」-「Conky」「表示」

 「i3wm」でこの環境だと、透過できているかどうかが、判別しにくいですが、透過できていません。
 また、この環境では、デスクトップ名を表示することができませんでした。

 
 
カウンタバックグラウンド