i3wm - 共通事項 - メニュー

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. i3 設定
4. xfce4-appfinder 設定

1. 概要

 これも、たいていのディストリビューションで、あらかじめ、「dmenu」やら「drun」やらがインストールされておりますが・・・。  なかなか、使いにくい。  それで、わたしは、「xfce4-appfinder」を使用することにしています。  まぁ、『何のための、タイル型なんだ』と、タイル型のファンの方にはお叱りを受けそうですが。  だって、わたしにゃその方が使いやすいんだもの。

2. インストール

 それぞれのプラットフォームのパッケージ管理で、「xfce4-appfinder」をインストールします。  「FreeBSD」

pkg install -y xfce4-appfinder
 「Garuda Linux」「Manjaro」

yes | pacman -S xfce4-appfinder
 「SparkyLinux」

apt install -y xfce4-appfinder

3. i3 設定

 $mod+m で、「xfce4-appfinder」が起動するようにします。  「FreeBSD」

vi ~/.config/i3/config
 とこだかに下記の2行を追加します。

bindsym $mod+m exec --no-startup-id xfce4-appfinder
for_window [class="Xfce4-appfinder"] floating enable
 キーの重複があれば、前の設定をコメントアウトするか、別のキーを割り当てます。  「Garuda Linux」

vi ~/.config/i3/config

# hide/unhide i3status bar
bindsym $super+m bar mode toggle
 を以下へ変更します。

bindsym $mod+m exec --no-startup-id xfce4-appfinder
for_window [class="Xfce4-appfinder"] floating enable
 「Manjaro」

vi ~/.i3/config

# hide/unhide i3status bar
bindsym $mod+m bar mode toggle
 を以下へ変更します。

bindsym $mod+m exec --no-startup-id xfce4-appfinder
for_window [class="Xfce4-appfinder"] floating enable
 「Manjaro」  これは、末尾へ追加するだけなので

cat << EOF >> ~/.config/i3/config

bindsym \$mod+m exec --no-startup-id xfce4-appfinder
for_window [class="Xfce4-appfinder"] floating enable
EOF

4. xfce4-appfinder 設定

 以下、「SparkyLinux 5.9 i3wm」の画像です。  起動すると、こんな感じです。
「i3wm」-「xfce4-appfinder」

 サイズは、小さかったので少し変えました。$mod+r でリサイズできます。上下左右の矢印キーで、10pt ずつ調整できます。

 説明などは、わたしは不要なのですが、いまんとこ非表示にはできないようです。

 
 
カウンタバックグラウンド