i3wm - 共通事項 - 概要・コンフィグレーション

 クラウディア
1. 概要
2. 参考サイト
3. コンフィグレーションファイル

1. 概要

 プラットフォームによらず、「i3wm」のデスクトップ環境上の共通的な操作に関しては、ここに記していきます。

2. 参考サイト

 本節は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
i3 - ArchWiki

3. コンフィグレーションファイル

 コンフィグレーションファイルのファイル名は、プラットフォームによらず

config
 なのですが、フォルダが、プラットフォームにより異なるようなので、目にする機会があったものを列挙しておきます。
 プラットフォーム      システムファイル      ユーザファイル   備考 
ArcoLinux /etc/skel/.config/i3/config ~/.config/i3/config
Garuda Linux ※3
EndeavourOS /etc/i3/config, /etc/i3/config.keycodes ~/.config/i3/config ※2
FreeBSD /usr/local/etc/i3/config.keycodes ~/.config/i3/config ※1
Manjaro /etc/skel/.i3/config ~/.i3/config
SparkyLinux /usr/share/sparky-desktop-data/i3/skel/.config/i3/config ~/.config/i3/config

 ※1 システムファイルとして、同じフォルダに「config」というファイルがありますが、「config.keycodes」の方がカスタマイズしやすい。

 ※2 3つとも内容が異なるので、わけわからない。困ったものです。

 ※3 「Garuda Linux」では、システムファイルとユーザファイルの内容が、インストール時点で異なります。

 以下の個所が異なります。いずれも上がシステムファイル、下がユーザファイルです。


# exit menu
bindsym Ctrl+$alt+Delete exec wlogout

# Garuda Linux install
bindsym $super+i exec sudo -E calamares

# exit menu
#bindsym Ctrl+$alt+Delete exec wlogout

bindsym $super+F9 exec ksnip

bindsym $super+F9 exec flameshot gui

# Print screen
bindsym Print exec --no-startup-id ksnip -fs
bindsym $super+Print --release exec --no-startup-id ksnip -f
bindsym $super+Shift+Print --release exec --no-startup-id ksnip -r
#bindsym Print exec scrot 'Cheese_%a-%d%b%y_%H.%M.png' -e 'viewnior ~/$f'

# Print screen
bindsym Print exec --no-startup-id flameshot gui
bindsym $super+Print --release exec --no-startup-id i3-scrot -w
bindsym $super+Shift+Print --release exec --no-startup-id i3-scrot -s
#bindsym Print exec scrot 'Cheese_%a-%d%b%y_%H.%M.png' -e 'viewnior ~/$f'
ハイスピードプラン
 
 
カウンタバックグラウンド