herbstluftwm - 共通事項 - パネル

 クラウディア
1. 概要
2. 試行錯誤
3. 設定

1. 概要

 「antiX」では

~/.config/herbstluftwm/autostart
 の

# find the panel
panel=~/.config/herbstluftwm/panel.sh
[ -x "$panel" ] || panel=/etc/xdg/herbstluftwm/panel.sh
for monitor in $(herbstclient list_monitors | cut -d: -f1) ; do
    # start it on each monitor
    $panel $monitor &
done
 で、パネルを表示しておるようです。  「ArcoLinux」では、他のデスクトップで表示しているのと同様、「polybar」なるバーを表示しておって、なにやら表示しております。  まぁ、良しとします。  「FreeBSD」では

~/.config/herbstluftwm/autostart
 に

# find the panel
panel=~/.config/herbstluftwm/panel.sh
[ -x "$panel" ] || panel=/etc/xdg/herbstluftwm/panel.sh
for monitor in $(hc list_monitors | cut -d: -f1) ; do
    # start it on each monitor
    "$panel" "$monitor" &
done
 てなことを書いてありますが、起動しません。  こういうのを掲載するのもどうかとは、思いますが、きれいな背景色ではありますが、のっぺらぼうで何もなしだ。
「herbstluftwm」「FreeBSD」-「デフォルトのデスクトップ」

2. 試行錯誤

 グラフィックログインした状態で、端末から起動してみようとしますと

$ ~/.config/herbstluftwm/panel.sh
This script requires the textwidth tool of the dzen2 project.
 と言われます。  探してみると「dzen2」というパッケージが存在するのでインストールしてみます。

pkg install -y dzen2
 再度、起動してみます。  すると今度は、

$ ~/.config/herbstluftwm/panel.sh
This script requires the textwidth tool of the dzen2 project.
 てなことになる。  スクリプトを調べてみると

####
# Try to find textwidth binary.
# In e.g. Ubuntu, this is named dzen2-textwidth.
if which textwidth &> /dev/null ; then
    textwidth="textwidth";
elif which dzen2-textwidth &> /dev/null ; then
    textwidth="dzen2-textwidth";
elif which xftwidth &> /dev/null ; then # For guix
    textwidth="xtfwidth";
else
    echo "This script requires the textwidth tool of the dzen2 project."
    exit 1
fi
 のところでエラーになっておるわけです。  調べてみると、「dzen2」には、「textwidth」もしくは「dzen2-textwidth」というプログラムが同梱されているはずなのにそれが内容です。  もしくは「xftwidth」というプログラムでも代用できるようですが、それもない・・・。  要は、「textwidth」に、フォントの幅を与えてやればいいのだな・・・と。

3. 設定

 結構大胆なことをします。

vi ~/.config/herbstluftwm/panel.sh

font="-*-fixed-medium-*-*-*-12-*-*-*-*-*-*-*"
 フォントを「MigMix 1M」へ変更します。

font="MigMix 1M"
 下記の部分は、どうせないものなので、全部コメントアウトします。

if which textwidth &> /dev/null ; then
    textwidth="textwidth";
elif which dzen2-textwidth &> /dev/null ; then
    textwidth="dzen2-textwidth";
elif which xftwidth &> /dev/null ; then # For guix
    textwidth="xtfwidth";
else
    echo "This script requires the textwidth tool of the dzen2 project."
    exit 1
fi

        width=$($textwidth "$font" "$right_text_only    ")
 の部分。  大胆に、「12」で決め打ち。

width=12
 ログインしなおすと、一応パネルが表示されるのです。
「herbstluftwm」「FreeBSD」-「バーを表示」「フォント」

KiPuRuハイスピードプランTokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド