bspwm - FreeBSD 11.4 RELEASE - 基本操作

 クラウディア
1. 概要
2. 共通事項
3. 再起動・シャットダウンの有効化
4. カスタマイズ前後

1. 概要

 基本的な操作やカスタマイズ方法について、記述します。

2. 共通事項

 プラットフォームによらず、「bspwm」の共通的な操作やカスタマイズ方法に関しては、「bspwm - 共通事項」をご参照ください。  本環境では、下記の項目を適用しました。 ・画面キャプチャ ・端末を開く ・メニュー ・フォント ・解像度 ・終了メニュー  フォントは、「MigMix 1M」を設定しました。  キーのカスタマイズは

vi ~/.config/sxhkd/sxhkdrc
 主な変更を記述しておきます。  重複するキーは、デフォルトの定義をコメントアウトしています。

super + m
	xfce4-appfinder

super + c
	bspc node -c

super + space
	bspc node -t {tiled,pseudo_tiled,floating,fullscreen}

super + q
	bspc quit

super + r
	sudo /sbin/reboot

super + z
	sudo /sbin/poweroff
 上記の設定は、上から順に ・Win+m メニュー起動 ・Win+c 閉じる ・Win+Space 表示切替 ・Win+q ログアウト ・Win+r 再起動 ・Win+z シャットダウン  シャットダウンは、Win+s にしたかったのですが、ホストにフックされているのでできませんでした。

3. 再起動・シャットダウンの有効化

 前項で、ログインユーザからの、再起動・シャットダウンを有効にするには、「sudo」のインストールおよび設定が必要です。  「sudo」のインストールおよび設定に関しては、「FreeBSD - メンテナンス・トラブルシュート - sudo」をご参照ください。

4. カスタマイズ前後

 カスタマイズ前の画面は、貼り付けるまでもありません。  真っ暗で、端末を開くまで、機能しているか、わからないくらいです。  カスタマイズ後に、「xfce4-appfinder」と「Conky」を起動した状態です。
「bspwm FreeBSD 11.4」-「カスタマイズ後のデスクトップ・メニュー」

KiPuRu
 
 
カウンタバックグラウンド