bspwm - 共通事項 - 自動起動

 クラウディア
1. 概要
2. 設定
3. 二重起動防止

1. 概要

 「解像度」に関する記述でもふれていますが、「bspwm」に自動起動を設定するには

~/.config/bspwm/bspwmrc
 に記述します。

2. 設定

 例えば、「VirtualBox」上のシステムで、「VirtualBox Guest Additions」を起動するには  「Manjaro」の場合

vi ~/.config/bspwm/bspwmrc
 末尾に、下記を記述します。

/usr/bin/VBoxClient-all
 「FreeBSD」では、編集するファイルは同一ですが、記述が

/usr/local/bin/VBoxClient-all
 になりますので、お間違えなきよう・・・。

3. 二重起動防止

 「~/.config/bspwm/bspwmrc」の原型を見ると

pgrep -x sxhkd > /dev/null || sxhkd &
 てな記述があって、これが二重起動防止のおまじないのようです。  一応、シェバンの直下に下記の記述も加えておきましょう。

run()
{
  if ! pgrep $1 ;
  then
    $@&
  fi
}
 下記の記述で、二重起動防止できるはずです。

run "プログラム名"
 
 
カウンタバックグラウンド