qtile - 共通事項 - フォント

 クラウディア
1. 概要
2. バー
3. インストール
4. 設定

1. 概要

 フォントの変更方法です。

2. バー

 バーのフォントは、比較的簡単に変更できます。  「MigMix 1M」へ変更するとして、ログインユーザで

vi ~/.config/qtile/config.py
 「FreeBSD」は、簡単です。

widget_defaults = dict(
    font='sans',
    fontsize=12,
    padding=3,
)
 を

    font='MigMix 1M',
 へ書き換えます。  「ArcoLinux」では

def init_widgets_defaults():
    return dict(font="Noto Sans",
                fontsize = 12,
                padding = 2,
                background=colors[1])
 を「FreeBSD」と同じ要領で

    return dict(font="MigMix 1M",
 と書き換える他に

               widget.GroupBox(font="FontAwesome",
                        fontsize = 16,
                        margin_y = -1,
                        margin_x = 0,
                        padding_y = 6,
                        padding_x = 5,
                        borderwidth = 0,
                        disable_drag = True,
                        active = colors[9],
                        inactive = colors[5],
                        rounded = False,
                        highlight_method = "text",
                        this_current_screen_border = colors[8],
                        foreground = colors[2],
                        background = colors[1]
                        ),
 を

               widget.GroupBox(font="MigMix 1M",
 へと書き換える作業を、以降に続く「widget.~」のフォント定義があるものに対して、変更を行います。  ログインしなおせば、フォントの変更が反映されています。

3. インストール

 その他、ウィンドウのフォント変更には、「lxappearance」を使用します。  インストール。  「ArcoLinux」

yes | pacman -S lxappearance
 「FreeBSD」

pkg install -y lxappearance

4. 設定

 メニューから起動できないので、端末を開いて

lxappearance
 で起動します。  以下、「AcroLinux 20.07.5」の画像です。  「デフォルトのフォント」の右枠をクリック
「qtile」-「lxappearance」

 フォントを設定して
 「OK」

「qtile」-「lxappearance」「フォント」

 前の画面へ戻って「適用」して閉じます。

 ログインしなおせば、フォントの変更が反映されています。

Sirusi
 
 
カウンタバックグラウンド