qtile - 共通事項 - メニュー

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. カスタマイズ
4. 起動

1. 概要

 あらかじめ用意された、メニューはないようです。  「xfce4-appfinder」をインストールして使用することにします。

2. インストール

 「ArcoLinux」では、あらかじめインストールされているようですが、明示的にインストールするならば

yes | pacman -S xfce4-appfinder
 「FreeBSD」

pkg install -y xfce4-appfinder

3. カスタマイズ

 mod+m で起動します。フローティングウィンドウ起動に関しては、次ページ以降で。

vi ~/.config/qtile/config.py
 「ArcoLinux」

    Key([mod], "m", lazy.spawn('pragha')),
 を下記へ書き換えます。

    Key([mod], "m", lazy.spawn('xfce4-appfinder')),
 「FreeBSD」は、上記の1行を 一連のキー定義の中に加えます。

4. 起動

 「qtile」を再起動、もしくはログインしなおせば、メニューが起動できます。  mod+m で、下記が表示されます(「FreeBSD」の画像)。
「qtile」-「xfce4-appfinder」

 サイズ指定までは、まだよくわからないのだ。

 わたしは、「xfce4-appfinder」の見た目をさらにカスタマイズします。
 カスタマイズの方法に関しては、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - メニュー - xfce4-appfinder」をご参照ください。

KiPuRu
 
 
カウンタバックグラウンド