dwm - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. クリップボードマネージャ
4. 設定

1. 概要

 画面キャプチャプログラムがあるのかないのかは、よう知りません。  以下を設定したい。 ・Print 全画面をキャプチャしてクリップボードへコピー ・Ctrl+Print アクティブウィンドウをキャプチャしてクリップボードへコピー  「xfce4-screenshooter」を使います。

2. インストール

 「root」ユーザで。  「ArcoLinux」

yes | pacman -S xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin
 「FreeBSD」

pkg install -y xfce4-screenshooter-plugin xfce4-clipman-plugin

3. クリップボードマネージャ

 クリップボードマネージャとして、「xfce4-clipman」をログイン時に自動起動します。  「ArcoLinux」  いずれ、別途記述するつもりですが、「ArcoLinux」では、「autostart.sh」というシェルスクリプトを起動する機能があります。

sh
cat << EOF >>

run "xfce4-clipman"
EOF
exit
 「FreeBSD」、「sddm」を使用している場合。  「root」ユーザで

sh
cat << EOF >> /usr/share/skel/dot.xsession
xfce4-clipman &
EOF
exit
 ログインユーザで

cp /usr/share/skel/dot.xsession ~/.xsession

4. 設定

 キーボードショートカットを設定します。  「FreeBSD」の「config.h」を例にとれば

/* commands */
static char dmenumon[2] = "0"; /* component of dmenucmd, manipulated in spawn() */
static const char *dmenucmd[] = { "dmenu_run", "-m", dmenumon, "-fn", dmenufont, "-nb", col_gray1, "-nf", col_gray3, "-sb", col_cyan, "-sf", col_gray4, NULL };
static const char *termcmd[]  = { "st", NULL };
 の後ろあたりに、2行追加します。

static const char *full[]   = { "xfce4-screenshooter", "-c", "-f", NULL };
static const char *active[] = { "xfce4-screenshooter", "-c", "-w", NULL };
 キー定義

static Key keys[] = {
        /* modifier                     key        function        argument */
        { MODKEY,                       XK_p,      spawn,          {.v = dmenucmd } },
        { MODKEY|ShiftMask,             XK_Return, spawn,          {.v = termcmd } },
        { MODKEY,                       XK_b,      togglebar,      {0} },
 の後ろあたりに、2行追加します。

        { 0,                            XK_Print,  spawn,          {.v =  full } },
        { ControlMask,                  XK_Print,  spawn,          {.v =  active } },
 これで、コンパイル・リンクして、「dwm」を置き換えれば、PrintCtrl+Print で、画面キャプチャがとれるようになります。
TSUKUMOネットショップ
 
 
カウンタバックグラウンド