dwm - 共通事項 - 定義 - FreeBSD

 クラウディア
1. 概要
2. 準備
3. 反映

1. 概要

 「FreeBSD」の場合、「pkg」でインストールしたものの、ソースファイルが必要になるので、「ports」で「make」する必要があります。

2. 準備

 カスタマイズするためのファイルを用意します。  「root」ユーザで。

cd /usr/ports/x11-wm/dwm
make
 これで

/usr/ports/x11-wm/dwm/work/dwm-6.2/config.h
 ができあがります。  「dwm-6.2」の部分は、バージョンによって異なりますので、ご注意。  これをログインユーザで

cp /usr/ports/x11-wm/dwm/work/dwm-6.2/config.h ~/.
 で

~/config.h
 ができあがりますので、編集します。  実際のパスは、自分のわかりやすいところにした方がいいでしょう。

3. 反映

 反映させるには、「root」ユーザで以下の手順を踏みます。  「root」ユーザで

cd /usr/ports/x11-wm/dwm
make clean
make DWM_CONF=/home/hogehoge/config.h
cp /usr/ports/x11-wm/dwm/work/dwm-6.2/dwm /usr/local/bin/dwm
 これで、ログインしなおすことで、反映できます。
 
 
カウンタバックグラウンド