デスクトップ環境構築 - タイル型 - 共通事項 - クラス名

 クラウディア
1. 概要
2. クラス名の取得方法
3. 一覧

1. 概要

 タイル型の愛好者には「意味ないじゃん」と言われそうですが、わたしは、タイル型であっても、たいていのプログラムはフローティングウィンドウで使っています。  それぞれのデスクトップで、フローティングウィンドウで起動する定義方法は違いますが、たいていは、プログラムの「WM_CLASS」で指定します。  ここでは、そのクラス名「WM_CLASS」について述べます。

2. クラス名の取得方法

 クラス名の取得には、「xprop」を使用します。  「xprop」は、たいてい、「X Window」をインストールした時点で、インストールされているはずです。  クラス名を取得したいプログラムを起動しておきます。  別途、端末を開いて

xprop
 この状態で、クラス名を取得したいプログラムのウィンドウをクリックします。  すると、例えば「xfce4-appfinder」であれば

_NET_WM_USER_TIME(CARDINAL) = 5582290
WM_STATE(WM_STATE):
                window state: Normal
                icon window: 0x0
_NET_WM_STATE(ATOM) =
_NET_FRAME_EXTENTS(CARDINAL) = 3, 3, 3, 3
_NET_WM_DESKTOP(CARDINAL) = 0
WM_HINTS(WM_HINTS):
                Client accepts input or input focus: True
                Initial state is Normal State.
                bitmap id # to use for icon: 0x1600007
                bitmap id # of mask for icon: 0x160000e
                window id # of group leader: 0x1600001
_GTK_THEME_VARIANT(UTF8_STRING) =
XdndAware(ATOM) = BITMAP
_NET_WM_ICON(CARDINAL) =        Icon (22 x 22):
            aaa aaa

・・	このあたり、アイコンのビットマップなので、略	・・・


_NET_WM_OPAQUE_REGION(CARDINAL) = 0, 0, 1360, 762
_NET_WM_WINDOW_TYPE(ATOM) = _NET_WM_WINDOW_TYPE_NORMAL
_NET_WM_SYNC_REQUEST_COUNTER(CARDINAL) = 23068677, 23068678
_NET_WM_USER_TIME_WINDOW(WINDOW): window id # 0x1600004
WM_CLIENT_LEADER(WINDOW): window id # 0x1600001
_NET_WM_PID(CARDINAL) = 4834
WM_LOCALE_NAME(STRING) = "ja_JP.UTF-8"
WM_CLIENT_MACHINE(STRING) = "desktop.vm.sing.ne.jp"
WM_NORMAL_HINTS(WM_SIZE_HINTS):
                program specified minimum size: 323 by 154
                program specified base size: 0 by 0
                window gravity: NorthWest
WM_PROTOCOLS(ATOM): protocols  WM_DELETE_WINDOW, WM_TAKE_FOCUS, _NET_WM_PING, _NET_WM_SYNC_REQUEST
WM_CLASS(STRING) = "xfce4-appfinder", "Xfce4-appfinder"
WM_ICON_NAME(COMPOUND_TEXT) = "アプリケーションファインダー"
_NET_WM_ICON_NAME(UTF8_STRING) = "アプリケーションファインダー"
WM_NAME(COMPOUND_TEXT) = "アプリケーションファインダー"
_NET_WM_NAME(UTF8_STRING) = "アプリケーションファインダー"
 てな結果が出力されます。  「WM_CLASS」が欲しいだけなので

xprop | grep WM_CLASS
 としておけば

WM_CLASS(STRING) = "xfce4-appfinder", "Xfce4-appfinder"
 という結果が出力されます。  クラスメイトして使用するのは、右端の「Xfce4-appfinder」の文字列になります。

3. 一覧

 わたしの使用しているプログラムでいちいち、クラス名を取得するのが面倒なので、ここに一覧化しておきます。
 プログラム   クラス名   備考 
Alacritty Alacritty 「Garuda i3wm」の端末
Atril Atril
Brasero Brasero
Chromium Chromium-browser
Clamtk Clamtk
Claws Mail Claws-mail
Eclipse Eclipse
ePDFViewer Epdfview
fcitx-config-tool Fcitx-config-gtk
fcitx-config-gtk3 Fcitx-config-gtk3
Firefox firefox
GIMP Gimp-2.10 ※1
LibreOffice StartCenter libreoffice-startcenter
lxappearance Lxappearance
MPV mpv
Nautilus Nautilus
OctoPkg octopkg
Pamac Pamac-manager
PCManFM Pcmanfm
qpdfview qpdfview
SMPlayer smplayer
Synaptic Synaptic
Termite Termite
Thunar Thunar
Thunderbird Thunderbird
urxvt URxvt
uxterm UXTerm
Vivaldi-stable Vivaldi-stable
xfce4-appfinder Xfce4-appfinder
xfce4-terminal Xfce4-terminal
xterm XTerm

 ※1 バージョンが、変われば、クラス名も変わるかもしれません。

マイニングベース
 
 
カウンタバックグラウンド