デスクトップ環境の評価 - 一般的なデスクトップ

 クラウディア
1. 概要
2. deepin
3. Enlightment
4. KDE
5. Lumina
6. LXDE
7. LXQt
8. UKUI
9. WayFire
10. XFCE

1. 概要

 まずは、一般的なデスクトップについて、わたしの感想を述べていきます。  ただし、「GNOME」とその派生は、次ページに分けましたので、「BUDGIE」「Cinnamon」「GNOME」「MATE」「Pantheon」については、次ページをご参照ください。

2. deepin

 「deepin」は、ウィキペディアに日本語の記事がありますが、「Deepin - Wikipedia」には、正確には、ディストリビューションとしての「deepin」について述べられています。  もちろん「deepin」自体、ディストリビューションとしての性格がありつつ、そのデスクトップ環境は、他のディストリビューションへもインストールできるようです。  残念ながら、「FreeBSD」には、2020年9月23日現在、「deepin」のパッケージはありません。  なかなか、センスのいいデザインだと思います。  カスタマイズに関しては、まだわたしの満足するものではありません。  メニューの遷移で、何のカテゴリだったかわかりにくい。  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
ArcoLinux 20.11.9
deepin 20.1
EndeavourOS 2021.02.03
Fedora 33

3. Enlightment

 なかなか、変則的なイメージのある、デスクトップです。  「Enlightenment - Wikipedia」によれば、高機能とのことでありますが・・・。  とにかく重い。  よく、「CPU」が「100%」になったまま、動かなくなります。  あまり、おすすめしません。  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
FreeBSD 12.2
SparkyLinux 5.12

4. KDE

 「GNOME」と並んで、老舗のデスクトップ環境です。  「KDE - Wikipedia」に記載があります。  「GNOME」と比べると、子供の数が少ないです。  わたしが知るのは、「XFCE」のみ。  「GNOME」と並んで、重い。  また、名前から類推できないような各種アプリケーションが、デフォルトでたくさんインストールされるのですが、どれも、わたしには使いこなせない。  ネイティブな画面キャプチャプログラムである、「Spectacle」は、アクティブウィンドウのキャプチャがわたしにとっては、致命的に使えない。  周りに余分な「へげへげ」がくっついちゃうのです。  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
ArcoLinux 20.11.9
EndeavourOS 2021.02.03
Fedora 33
FreeBSD 11.4
Garuda Linux200831
Mageia 08
Manjaro 20.2
MX Linux 19.3
OpenMandriva4.2
OpenSUSE 15.2
PCLinuxOS 2021.02
Solus 4.2
SparkyLinux 5.9
Ubuntu 19.10
Zorin OS 15.3

5. Lumina

 「Lumina - Wikipedia」に説明があります。  説明によれば、元々、「TrueOS」のデフォルトのデスクトップ環境として記述されたようです。  「TrueOS」自身の曲折のせいか、普及は進んでいないように思われます。  ちょっと扱いにくい印象です。  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
FreeBSD 12.2
SparkyLinux 5.9
Trident 19.16

6. LXDE

 「LXDE - Wikipedia」に説明があります。  後継として、「LXQt」に移行していくので、なくなるのかと思いきや、まだ現役です(2020年10月11日)。  まだ、「LXQt」が未熟なせいか、「LXDE」のデスクトップの方が、洗練して見えるのは、わたしのセンスの問題でしょうか?  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
Fedora 33
FreeBSD 12.2
Garuda Linux200831
Manjaro 20.2
PCLinuxOS 202010
Ubuntu 19.10

7. LXQt

 「LXQt - Wikipedia」に説明があります。  「LXDE」で述べているように、「LXDE」の「qt」後継ということになります。  これも「LXQT」で述べていますが、「LXDE」ほど洗練されていない印象です(2020年10月11日)。  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
ArcoLinux 20.11.9
EndeavourOS 2020.09.20
Fedora 33
FreeBSD 12.2
Lubuntu 20.10
Mageia 07
Manjaro 20.2
SparkyLinux 5.12

8. UKUI

 ウィキペディアに日本語の記事はありません。  英語版でも見つけられませんでした(2020年10月11日)。  「Ubuntu」からリリースしたのかな?  「Ubuntu Kylin」のデスクトップです。  「Ubuntu Kylin」は、英語版のウィキペディアが、「Ubuntu Kylin - Wikipedia」です。  志那発の、デスクトップで、ちょっとえぐいデザインで、あまり使い勝手はよくない印象です。  もう、思い切って言っちゃいますが、2020年11月17日時点では、ほとんど使い物になりませんな。  同じ志那起源の「deepin」のスマートさと比べても、雲泥の差。  日本語化率は低いし(まぁ、彼ら、日本語化なんて知ったこっちゃないのかもしれませんが)。  カスタマイズはしにくいし・・・。  日本人が使おうとすると、苦労すること間違いなしです。  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
ArcoLinux 20.11.9
Ubuntu 20.10

9. WayFire

 2021年1月22日時点で、「Garuda Linux」でしか、まともに動かせていません。  「WayLand」上で、「3D」で動作させることをメインにした、ちょっと特殊なデスクトップ環境です。
プラットフォーム バージョン 備考
Garuda Linux 200831

10. XFCE

 「Xfce - Wikipedia」に説明があります。  記事の多さからわかるように、古くからあるデスクトップ環境のひとつです。  わたしには、「MATE」と並んでなじみの深いものです。  「xfce4-appfinder」や「xfce4-screenshooter」等、他のデスクトップでも有用なアプリケーションがあります。  本サイトで記述のあるページは、以下になります。
プラットフォーム バージョン 備考
ALT Linux 9.1
ArcoLinux 20.11.9
EndeavourOS 2021.02.03
Fedora 33
FreeBSD 11.4
FuryBSD 12.1
Garuda Linux 200831
GhostBSD 19.16
Linux Mint 20.1
Mageia 08
Manjaro 20.2
MX Linux 19.3
OpenMandriva 4.2
PCLinuxOS 202010
SparkyLinux 5.12
Ubuntu 19.10

ハイスピードプランJETBOY一日一善 黒甘酒損保との違いマイニングベース
 
 
カウンタバックグラウンド