FuryBSD - 12.1 - KDE - パッケージ管理フロントエンド

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 起動

1. 概要

 パッケージ管理フロントエンドとして、「octopkg」をインストールして使用します。

2. インストール

 「root」ユーザで

pkg install -y octopkg gksu kf5-kdesu
 インストール後に、「kde5」の「kdesu」を「kde4」で有効になるようにします。

mkdir -pv /usr/local/lib/kde4
ln -s /usr/local/lib/libexec/kf5 /usr/local/lib/kde4/libexec

3. 起動

 「スタート」→「システム」→「Octopkg」
「FuryBSD 12.1 KDE」-「スタート」→「システム」→「Octopkg」

 起動直後の状態です。

「FuryBSD 12.1 KDE」-「Octopkg」「起動直後」

 2020年10月16日の時点で、下記のバージョンでした。

「FuryBSD 12.1 KDE」-「Octopkg」「バージョン情報」

高速大容量レンタルサーバ10G
 
 
カウンタバックグラウンド