FuryBSD - 12.1 - 共通事項 - 初期設定

 クラウディア
1. 概要
2. キーボード設定
3. sudo 設定
4. シャットダウン・再起動

1. 概要

 そう言えば、インストール時に、キーボードレイアウトの設定がなかった。  いきなり、「US」キーボードではじまるので、「jp106」に慣れているものにとっては、操作しにくいことこの上なし・・・。

2. キーボード設定

 システムのキーボードレイアウトを変えるとなると、「root」ユーザでなければならんが、「sudo」「su」ともに有効になっていないうえに、「root」ユーザでグラフィックログインできないようなので、面倒なことこの上ない。  Ctrl+Alt+F1 でコンソールに切り替えて(戻すには Ctrl+Alt+F9)、「root」ユーザでログインします。

vi /etc/rc.conf
 先頭行に

keymap="jp.106"
 を入れます。  「US」キーボードなので  = は、^  " は、:  : は、Shift+;  で入力します。  設定後、再起動すれば、とりあえず、キーボードは、「jp.106」で使えます。

3. sudo 設定

 「sudo」が使えないと、いろいろと差しさわりがあるので、使えるようにします。  前項で、キーボード設定を変更後、また、コンソールログインで、「root」でログインして

visudo

root ALL=(ALL) ALL
 と同様に、権限を与えるユーザについて

ユーザ名 ALL=(ALL) ALL
 を記述します。

4. シャットダウン・再起動

 「XFCE」を例にとると、デフォルトの状態では、ログアウトのダイアログで
「FuryBSD 12.1 XFCE」-「ログアウト ダイアログ」

 「シャットダウン」「再起動」が非活性になっています。

 これを可能にするには


/usr/local/etc/polkit-1/rules.d/05-shutdown.rules
/usr/local/etc/polkit-1/rules.d/50-default.rules
 を読むとわかります。  「root」ユーザ権限で

vi /etc/group

wheel:*:0:root
 に続けて、同一行で、カンマで区切って空白を開けずに、許可するユーザの所属グループを記述します。  すると
「FuryBSD 12.1 XFCE」-「ログアウト ダイアログ」「/etc/grroup 編集後」

 「シャットダウン」「再起動」が活性化します。

KiPuRu
 
 
カウンタバックグラウンド