NomadBSD - 1.3.2 - 概要・セットアップ - VirtualBox イメージ作成

 クラウディア
1. 概要
2. 解凍・変換
3. 形式変換・拡張
4. 設定

1. 概要

 「NomadBSD」で提供されている「.img」は、本来、「USB」に書き込んで「USB boot」する目的で作成されています。  わたしは、「VirtualBox」上で動作確認したいので、「VirtualBox」のディスクイメージファイルを作成します。  わたしの使用している環境は、「Windows10 Home veriosn 2004」「VirtualBox 6.1.12」です。  「VirtualBox 6.1.12」は

C:\Program Files\Oracle\VirtualBox
 にインストールしていますので、以下、その体で記述していきます。  また、コマントプロンプトでコマンドを実行しているのは、「VirtualBox」上の「NomadBSD」作業ディレクトリになります。  本項は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
NomadBSD - 610t's BSD Life」
「VMDK形式のVirtualBoxイメージをVDIにしたら速くなるのか」
「VirtualBoxの仮想ストレージの拡張(Windows) - Qiita
 なんだか要領を得ていないので、もっと簡単にできるかもしれません。

2. 解凍・変換

 ダウンロードした

nomadbsd-1.3.2.img.lzma
 は、「7-Zip」を使用して

nomadbsd-1.3.2.img
 へ解凍して、「VirtualBox」上の「NomadBSD」作業ディレクトリに置きます。  「.img」ファイルを「.vmdk」へ変換します。

"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" internalcommands createrawvmdk -filename nomadbsd-1.3.2.vmdk -rawdisk nomadbsd-1.3.2.img

3. 形式変換・拡張

 ディスクイメージファイルは、5 GB 弱しかないので、作業できるように拡張します。  「.vmdk」を「.vdi」へ変換

"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" clonehd nomadbsd-1.3.2.vmdk nomadbsd-1.3.2.vdi -format VDI
 ディスクサイズを 64 GB へ拡張。

"C:\Program Files\Oracle\VirtualBox\VBoxManage.exe" modifyhd nomadbsd-1.3.2.vdi --resize 65536

4. 設定

 「VirtualBox」で、「NomadBSD」の環境をディスクイメージなしで、新規作成します。  作成後に「ストレージ」で、前項で作成した「modifyhd nomadbsd-1.3.2.vdi」を割り当てます。
「NomadBSD」-「VirtualBox」「ストレージ」

 ちなみに「グラフィックスコントローラ」には
 「VBoxVGA」を割り当てます。

「NomadBSD」-「VirtualBox」「ディスプレイ」

 「無効な設定」と言われますが、「VBoxVGA」でないと「NomadBSD」が、あらかじめ用意してくれている「VirtualBox Guest Additions」が機能してくれません。

U-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド