Trident - 19.06 - パッケージ管理 AppCafe

 
1. 概要
2. 起動
3. 操作

1. 概要

 「AppCafe」は、パッケージ管理の GUI フロントエンドです。  「PC-BSD」時代からの遺産で、あまり使い勝手はよろしくないが、これしかないので仕方ない。

2. 起動

 「スタート」→「アプリケーション」→「アプリケーションの管理」
「Trident 19.06」-「スタート」→「アプリケーション」→「アプリケーションの管理」

 起動直後の状態です。

「Trident 19.06」-「AppCafe」- 「起動直後」

 バージョンを調べるのは、GUI では方法がわかりませんでした。

 動作しているプログラムを見ると


> pgrep -lfa app
5511 /usr/local/bin/lumina-open /usr/local/share/applications/appcafe.desktop

> cat /usr/local/share/applications/appcafe.desktop
[Desktop Entry]
Version=1.0
Type=Application
StartupNotify=true
Comment=Manage System Applications
Categories=Settings;
GenericName=Manage Applications
Name=AppCafe
TryExec=sysadm-client
Exec=sysadm-client -page page_pkg
Icon=appcafe
 ちょっと複雑なので、これ以上の追及はやめました。

3. 操作

 前項の画面で「Brows Catefories」なり、カテゴリのボタンで、カテゴリを絞り込んだり  「Search」窓に、名称を入力して Enter で検索したりして  対象とするプログラムが見つかったら、  右端のチェックボックス(配色がひどくてわかりにくい)をチェックします。
「Trident 19.06」-「AppCafe」「検索結果」

 確認ダイアログが表示されます。

 インストールするのであれば「OK」

「Trident 19.06」-「AppCafe」「確認」

 インストール中のものは「Pending」欄にはいります。
 「Pending」クリックで開きます。

「Trident 19.06」-「AppCafe」「インストール中」

 インストールが完了すると、ステータスが「Finished」になります。
 ログが表示されて、インストールは完了です。

「Trident 19.06」-「AppCafe」「インストール完了」

 ちなみに、インストールするたびに(「pkg」でインストールしてもそう)、デスクトップにリンクが張られるので嫌になっちゃいます。

 
 
カウンタバックグラウンド