Trident - 19.06 - 基本操作 - sshd・ftpd

 
1. 概要
2. 有効化(一時的)
3. 有効化(恒久的)
4. Firewall
5. 注意

1. 概要

 このあたりは、端末の操作は、root ユーザで作業を行います。

2. 有効化(一時的)

 もともと、sshd・ftpd はインストールされていますので、コンフィグレーションファイルを編集。

vi /etc/rc.conf
 下記の行を追加します。

sshd_enable="YES"
ftpd_enable="YES"
 再起動すれば、有効化されますが、その場で起動するのであれば

service start sshd
service start ftpd

3. 有効化(恒久的)

 なんだ上記の項でやったのは、再起動すると無効になっていました。  どうも「TrueOS」は、「/etc/rc.conf」の設定をきいてくれないんですな。  恒久的に有効化するには  「スタート」→「Preferences」→「Control Panel」
「Trident 19.06」-「スタート」→「Preferences」→「Control Panel」

 「System Management」「Services」

「Trident 19.06」-「SysAdm:Control Panel」「System Management」「Services」

 「sshd」を例にして説明します。

 対象を選択して
 右下の微妙に違う歯車アイコン()、boot 次の操作で、左が「Enable(有効化)」、右が「Disable(無効化)」になります。

 左下のプレイ()、ストップ()、リスタート()で、現在の実行状況を変更できます。

「Trident 19.06」-「This will destroy...」

4. Firewall

 Firewall で、ポートがしまっているので開けます。  前項と同じ手順で「Control Panel」を起動して  「System Management」「Firewall」
「Trident 19.06」-「SysAdm:Control Panel」「System Management」「Firewall」

 下部、「Open by Service」右のコンボボックスで開くポートを選びます。

 キー入力が効きますので、「ssh」「ftp」等を入力すれば、目的にフォーカスが当たりますので、クリックして選びます。

「Trident 19.06」-「SysAdm:Firewall Manager」

 オープンするポートを設定したら
 「Restart」で、設定が有効になります。

「Trident 19.06」-「SysAdm:Firewall Manager」「ポート設定後」

5. 注意

 上記で有効にした、「ftpd」ですが、「FFFTP」で接続する際は。  「ホストの設定」「拡張設定」で「PASV モード」のチェックをはずさないと接続できません。
 
 
カウンタバックグラウンド