GhostBSD - 19.09 - XFCE - パッケージ管理 Software Station

1. 概要
2. Software Station 起動
3. パッケージインストール

1. 概要

 GhostBSD は「GhostBSD-port」という独自のパッケージ体系を持っています。  「GhostBSD-port」は、専用のパッケージ管理 CUI フロントエンドを持っています。  アップデートを扱うのが「Upate Station」(実体は「/usr/local/bin/update-station」)、追加/削除を扱うのが「Software Station」(実体は「/usr/local/bin/software-station」)になります。

2. Software Station 起動

 「スタート」→「設定」→「Software Station」  ログインユーザのパスワードを入力して  「OK」  リポジトリとの同期をとるので、起動に少し時間がかかります。  起動直後の状態です。  「Software Station」自体のバージョンは、わかりません。  (調べる方法はあるが、面倒だし、グラフィック表示はできない)

3. パッケージインストール

 検索窓に、文字列を入力すると対象が絞られます。  ☑をいれて  「Apply」  インストールが、進行します。  ぱっと見の違いが分かりにくいですが、インストールは無事完了したようです。 -->