GhostBSD - 19.09 - 共通事項 - 日本語入力

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定

1. 概要

 インストール時点では、日本語入力は有効になっていませんので、インストールして有効にします。

2. インストール

 パッケージマネージャ「Software Station」で、「fcitx」を検索して、下記のモジュールをインストールします。
ja-fcitx-mozc
zh-fcitx-configtool

3. 設定

 ログインユーザで

vi ~/.xprofile
 末尾に以下の表を追加します。

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
fcitx -r -d
 ログインし直せば、日本語入力は有効になっています。  入力切り替えキーは、Ctrl+Space半角/全角 になっていますが、わたしは、Ctrl+Space は切り替えキーとしては、無効にします。  切り替えキーを変更する手順は、「デスクトップ環境構築 - 共通事項 - 日本語入力」をご参照ください。
 
 
カウンタバックグラウンド