GhostBSD - 19.04 - 共通事項 - インストール - インストール

 クラウディア
1. 言語の選択
2. キーボードの選択
3. タイムゾーンの選択
4. パーティションの設定
5. rootパスワードの設定
6. デフォルトユーザの設定

1. 言語の選択

 「日本語」を選択して  「Next」
「GhostBSD 19.04」-「インストール」「言語」

2. キーボードの選択

 適切なものを選択して  (「Type here to test your keyboard」欄で、キーの入力を行い、適切なエコーバックが行われることを確認できます)  「Next」
「GhostBSD 19.04」-「インストール」「キーボード」

3. タイムゾーンの選択

 「Asia」「Tokyo」を選択して  「Next」
「GhostBSD 19.04」-「インストール」「タイムゾーン」

4. パーティションの設定

 ここ失敗したら、インストールからやり直す覚悟が必要です。  デフォルトは「ZFS」が選択されていますが、シングルディスクの場合は「ZFS」は選択できません。  「Next」
「GhostBSD 19.04」-「インストール」「パーティション」

 「ada0」にチェックを入れて(他はデフォルトにしています)
 「Next」

「GhostBSD 19.04」-「インストール」「ディスク選択」

5. root パスワードの設定

 root パスワードを2回入力して  「Next」
「GhostBSD 19.04」-「インストール」「root パスワード」

6. デフォルトユーザの設定

 「Real Name」 「HostName」 「User Name」を入力  「Password」 を2回入力  「shell」 を選択して  (デフォルトは fish ですが、わたしは、なじみのある tcsh を使います)  「Install」
「GhostBSD 19.04」-「インストール」「アカウント」

 インストールが開始されます。

「GhostBSD 19.04」-「インストール」「進行中」

Tokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド