GhostBSD - 11.1 - MATE - インストール - インストール

 クラウディア
1. 言語の選択
2. キーボードの選択
3. タイムゾーンの選択
4. パーティションの設定
5. rootパスワードの設定
6. デフォルトユーザの設定

1. 言語の選択

 「GhostBSD Installer」 を開いて  「ja 日本語」を選択して  「Next」
「GhostBSD 11.1 MATE」-「言語」

2. キーボードの選択

 キーボードの選択画面が表示されます。  「Japan - jp」 を選択して  「Next」
「GhostBSD 11.1 MATE」-「キーボード」

 「Type here to test your keyboard」 欄で、キーの入力を行い、適切なエコーバックが行われることを確認できます。


3. タイムゾーンの選択

 タイムゾーンの選択画面が表示されます。  「Asia」 → 「Tokyo」 を選択して  「Next」
「GhostBSD 11.1 MATE」-「タイムゾーン」

4. パーティションの設定

 パーティションの設定画面が表示されます。  ここでは全ディスクを使用して、無難な方法で boot パーティションをインストールします。  「UFS full disk Configuration」 と 「Install only FreeBSD loader」 をチェックして  「Next」
「GhostBSD 11.1 MATE」-「パーテイション」

 ディスクをチェックして
 「Next」

「GhostBSD 11.1 MATE」-「ディスク」

5. root パスワードの設定

 root パスワードを2回入力して  「Next」
「GhostBSD 11.1 MATE」-「root パスワード」

6. デフォルトユーザの設定

 デフォルトユーザの設定画面が表示されます。  「Real Name」 「HostName」 「User Name」を入力  「Password」 を2回入力  「shell」 を選択して  「Install」
「GhostBSD 11.1 MATE」-「ユーザアカウント」

 インストールが開始されます。
 インストールの所要時間は、メモリ 2GB、HDD 120 GB、i7-6500U で 15分くらいでした。

「GhostBSD 11.1 MATE」-「インストール進行中」

Tokyo Speed Wi-Fi
 
 
カウンタバックグラウンド