GhostBSD - 10.1 - 共通事項 - インストール

 
1. 言語の選択
2. キーボードの選択
3. タイムゾーンの選択
4. パーティションの設定
5. rootパスワードの設定
6. デフォルトユーザの設定

1. 言語の選択

 「GhostBSD Installer」をダブルクリック  「ja 日本語」→「Forward」
「GhostBSD 10.1」-「インストール」「言語選択」

2. キーボードの選択

 キーボードの選択画面が表示されます。 「Japan - jp」→「Forward」
「GhostBSD 10.1」-「インストール」「キーボード選択」

 キーの入力を行い「Type here to test your keyboard」の欄で適切なエコーバックが行われることを確認できます。

3. タイムゾーンの選択

 タイムゾーンの選択画面が表示されます。  「Asia」→「Tokyo」→「Forward」
「GhostBSD 10.1」-「インストール」「タイムゾーン」

4. パーティションの設定

 パーティションの設定画面が表示されます。  「UFS full diskConfiguration」→「Forward」
「GhostBSD 10.1」-「インストール」「パーティション設定」

 ディスクを選択して「Forward」

「GhostBSD 10.1」-「インストール」「ディスクドライブ選択」

5. rootパスワードの設定

 root パスワードを2回入力  「BSD Boot Manager(MBR Only)」をチェック(ディスクの状況により変わりますが、古い型のディスクの場合これが一番無難です)して「Forward」
「GhostBSD 10.1」-「インストール」「root パスワード」

6. デフォルトユーザの設定

 デフォルトユーザの設定画面が表示されます。  「Real Name」「HostName」「ユーザ名」を入力  「パスワード」を2回入力  「shell」を選択  「Install」
「GhostBSD 10.1」-「インストール」「ユーザ情報」

 これでインストールが開始されます。
 インストールの所要時間は、メモリ 2GB、HDD 120 GB、i7-6500U で 15分くらいでした。

「GhostBSD 10.1」-「インストール」進行中

 
 
カウンタバックグラウンド