UKUI - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定

1. 概要

 「Ubuntu Kylin 20.04」では、デフォルトで、「gnome-screenshot」がインストールされていますが、インタラクティブモードでしか起動できません。  でまぁ、「mate-screenshot」をインストールしてみたりしたのですが・・・。  どうも、デフォルトで設定されているキーボードショートカットを別のキーに変更する方法はあるのですが、新規に割り当てる方法がわからない。  もしかしたら、新規にキーボードショートカットを割り当てることは、できないかもしれない。  てことで、「使えねぇな」という判断に至り、今回(2020年5月5日)は、「UKUI」を調べるのはここでやめにしました。  というのが、2020年5月までです。  2020年9月15日、「AcroLinux 20.07.5 UKUI」では、無理やりの設定を行いました。  キーボードフック、クリップボード、スクリーンショット、をインストールして、動かします。  下記の設定を行います。
ショートカットキー   機能    備考 
Print 全画面をキャプチャしてクリップボードへコピー
Ctrl+Print アクティブウィンドウをキャプチャしてクリップボードへコピー

2. インストール

 「root」ユーザで  「ArcoLinux」

yes | pacman -S xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin sxhkd

3. 設定

 ログインユーザで  「AcroLinux」  「sxhkd」の設定ファイルを作成します。

mkdir -pv ~/.config/sxhkd
cat << EOF >> ~/.config/sxhkd/sxhkdrc
Print
        xfce4-screenshooter -c -f

ctrl + Print
        xfce4-screenshooter -c -w
EOF
 「AcroLinux」では、「~/.xprofile」に記述するのが確実にプログラムの起動ができるようなので、「sxhkd」「xfce4-clipman」の起動を記述します。

cat << EOF >> ~/.xprofile

xfce4-clipman &

sxhkd &
EOF
 これで、ショートカットキーで画面キャプチャがクリップボードにとれるようになります。
ハイスピードプランU-NEXT
 
 
カウンタバックグラウンド