bspwm - FreeBSD 12.1 RELEASE - 環境構築

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. システム設定
4. ログインユーザ用設定
5. ログインマネージャ起動

1. 概要

 下記のデスクトップ環境を構築する手順を記述します。
システム ホスト(Windows 10 1903 amd64)・VirtualBox 6.0.14 上のゲストとして FreeBSD 12.1 RELEASE
ログインマネージャ Slim
日本語入力 fcitx-mozc

 インストーラ入手やオペレーティングシステムのインストールあたりまでは「FreeBSD のOSインストール」を参照してください。

 「VirtualBox Guest Additions」は、「FreeBSD - デスクトップ環境構築 - 共通事項」の手順であらかじめインストールしておきます。

2. インストール


pkg install -y xorg ja-font-migmix ja-fcitx-mozc zh-fcitx-configtool
pkg install -y slim slim-themes
pkg install -y bspwm

3. システム設定

 以下、「root」ユーザで。  前項までインストール・設定したものを有効にします。

cat - << EOF >> /etc/rc.conf

polkitd_enable="YES"
dbus_enable="YES"
slim_enable="YES"
EOF
 ログイン時に有効となるよう、「.desktop」ファイルを作成します。

mkdir -pv /usr/local/share/xsessions

cat - << EOF >> /usr/local/share/xsessions/bspwm.desktop
[Desktop Entry]
Name=bspwm
Comment=A lightweight window manager for the X Windowing System
Exec=bspwm
Terminal=false
TryExec=bspwm
Type=Application
EOF

4. ログインユーザ用設定

 ユーザ用初期化ファイルを作成します。  「root」ユーザで

cat - << EOF >> /usr/share/skel/dot.xinitrc
#!/bin/sh
# set locale
export LC_ALL=ja_JP.UTF-8
export LANGUAGE=ja_JP.UTF-8
export LANG=ja_JP.UTF-8
#
export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=xim
export XMODIFIERS=@im=fcitx
/usr/local/bin/mozc start
/usr/local/bin/fcitx -r -d
#
setxkbmap -layout jp
/usr/local/bin/VBoxClient-all
#
exec \$1
EOF
 ログインユーザで、上記で作成したものをユーザ用にコピーします。

cp /usr/share/skel/dot.xinitrc $HOME/.xinitrc
 同様に、ログインユーザで、「bspwm」と「sxhkd」の初期化ファイルをユーザ用にコピーします。  「bspwmrc」が、「bspwm」の制御を行う定義ファイルで、「sxhkdrc」が、キー入力に対する動作の定義ファイルです。  「sxhkdrc」は、「sxhkd」の動作を定義しているのみです。  「bspwmrc」は、それ自体は、シェルスクリプトになっているので、実行可能にする必要があります。

mkdir -pv ~/.config/bspwm
cp /usr/local/share/examples/bspwm/bspwmrc ~/.config/bspwm/.
chmod +x ~/.config/bspwm/bspwmrc

mkdir -pv ~/.config/sxhkd
cp /usr/local/share/examples/bspwm/sxhkdrc ~/.config/sxhkd/.

5. ログインマネージャ起動

 前項までの設定が終わったら、デーモン群を起動します。

service dbus start
service slim start
 うまく設定できていれば、ログイン画面が表示されます。  ユーザ名・パスワードを入力してログインします。  (2020年5月8日追記、下記のように「Session:bspwm」という表示がない場合は、F1 を1回押下します)
「bspwm FreeBSD 12.1」-「ログイン画面」

 2020年1月7日時点の「bspwm」のバージョンは、下記の通りでした。


> pkg info bspwm
bspwm-0.9.9
Name           : bspwm
Version        : 0.9.9
Installed on   : Tue Jan  7 14:56:23 2020 JST
Origin         : x11-wm/bspwm
Architecture   : FreeBSD:12:amd64
Prefix         : /usr/local
Categories     : x11-wm
Licenses       : BSD2CLAUSE
Maintainer     : o.hushchenkov@gmail.com
WWW            : https://github.com/baskerville/bspwm
Comment        : Tiling window manager based on binary space partitioning
Options        :
        CONTRIB        : off
        DOCS           : on
        EXAMPLES       : on
Shared Libs required:
        libxcb-util.so.1
        libxcb-xinerama.so.0
        libxcb-shape.so.0
        libxcb-icccm.so.4
        libxcb-ewmh.so.2
        libxcb-randr.so.0
        libxcb.so.1
        libxcb-keysyms.so.1
Annotations    :
        FreeBSD_version: 1200086
        repo_type      : binary
        repository     : FreeBSD
Flat size      : 245KiB
Description    :
bspwm is a tiling window manager that represents windows as the leaves
of a full binary tree. It is controlled and configured via bspc.

WWW: https://github.com/baskerville/bspwm
Gigabyte Push ギガバイトプシュTokyo Speed Wi-FiJETBOY
 
 
カウンタバックグラウンド