bspwm - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定

1. 概要

 「Manjaro 19.0 bspwm」では、Print が、「scrot」に割り当てられていましたが、使い勝手が悪いので、別のプログラムをインストールして使用します。

2. インストール

 本サイトでは、おなじみの、「mate-screenshot」をインストールして使用します。  いずれも「root」ユーザでインストールします。  「ArcLinux」

yes | pacman -S mate-utils
 「FreeBSD」

pkg install -y mate-utils
 「Manjaro」

pacman -Ss mate-utils

3. 設定

 以下のキーを定義します。
Print 全画面をキャプチャ
Ctrl+Print アクティブウィンドウをキャプチャ



vi ~/.config/sxhkd/sxhkdrc
 下記の2行を追加します(別のプログラム定義は、削除かコメントアウトします)。

Print
	mate-screenshot

ctrl + Print
	mate-screenshot -w
 ログインしなおせば、定義は有効になっています。  ただし、端末中では、Ctrl+Print はフックされて効かないようです。  Print は、効くので、全画面で起動して、とりなおす必要があります。  「ArcoLinux」では、「mate-screenshot -w」は、こけちゃいます。
 
 
カウンタバックグラウンド