bspwm - 共通事項 - キー定義

 クラウディア
1. 概要
2. 定義ファイル
3. デフォルトの定義
4. 特殊キーの記述
5. カスタマイズ

1. 概要

 「bspwm」のキーの動作は、「bspwm」自身が行うのではなく、「sxhkd」という別のモジュールが行うようです。  本ページは、下記のサイトを参考にさせていただきました。
Start a application in float mode? : bspwm」(フロートの記述)

2. 定義ファイル

 キー定義ファイルは、下記にあります。
プラットフォーム   オリジナル     ユーザ用   備考
ArcoLinux /etc/skel/.config/bspwm/sxhkd/sxhkdrc ~/.config/bspwm/sxhkd/sxhkdrc
FreeBSD /usr/local/share/examples/bspwm/sxhkdrc~/.config/sxhkd/sxhkdrc
Manjaro /etc/skel/.config/sxhkd/sxhkdrc ~/.config/sxhkd/sxhkdrc

3. デフォルトの定義

 インストール直後、デフォルトで定義されている主なキーを記述しておきます。
 動作     キー    備考
ArcoLinux Manjaro FreeBSD カスタマイズ
ログアウト Win+Shift+x Win+Shift+q Win+Alt+q Alt+q
端末を開く Win+Enter Win+Shift+Enter または Win+z Win+Enter Win+Enter
端末を殺す Win+q Win+Shift+x Win+Shift+w Kill window
閉じる Win+q Win+x alt+c Close window
表示切替 Win+Space Win+t Win+Space
bspwm リロード Win+Shift+r Win+Shift+r
ヘルプを表示 Win+F1

4. 特殊キーの記述

 カスタマイズするには、もちろん定義ファイルをいじるわけで・・・。

vi ~/.config/sxhkd/sxhkdrc
 特殊キーは、以下のように記述するようです。
 キー   記述  備考
Ctrl ctrl
Win super
Alt alt
Space space
Shift shift
Print Print

 キーの組み合わせを記述する際は、スペースをあけて、「+」でつなげて、キーを記述し、改行して、TAB をあけて、動作を記述するようです。

 すなわち、「端末を殺す」動作を記述する際は


# Kill window
super + shift + x
	bspc  node -k
 てな感じで記述されております。

5. カスタマイズ

 表示切替は、各プラットフォームで、記述が異なるように思われるので、困ってしまいます。  「ArcoLinux」の書き方が、とてもシンプルで、これが通用するのであれば、他のプラットフォームでも使いたいと思います。

# set the window state
super + space
	bspc node -t {tiled,pseudo_tiled,floating,fullscreen}
 ウィンドウのクローズを Alt+c にするには、下記のように記述します。

alt + c
	bspc node -k
 
 
カウンタバックグラウンド