Openbox - FreeBSD 12.1 - 基本操作 - メニュー編集

 
1. 概要
2. インストール
3. メニュー作成
4. メニュー編集

1. 概要

 これも、「Manjaro」で使用していたものを使おうと思ったら、「Manjaro」で使用していた「jgmenu」というものがパッケージに存在しないようで・・・。  「obmenu」というパッケージがあるので、これが使えるものかどうか・・・。  最終的に、今回は、パネルを表示してメニューという動作を断念しましたので、これは、メニューエディタとして使用することにします。

2. インストール


pkg install -y obmenu menumaker
 これは、インストール時に、ありがたいメッセージが出力されました。

Message from obmenu-1.0_8:

--
Obmenu has been installed.

If you don't have ~/.config/openbox/menu.xml

the Obmenu config can be copied, please type as user:

    su user

    cp /usr/local/etc/xdg/openbox/menu.xml ~/.config/openbox/menu.xml

    chmod 644 ~/.config/openbox/menu.xml

    exit

Have fun!
--
===>   NOTICE:

The obmenu port currently does not have a maintainer. As a result, it is
more likely to have unresolved issues, not be up-to-date, or even be removed in
the future. To volunteer to maintain this port, please create an issue at:

https://bugs.freebsd.org/bugzilla

More information about port maintainership is available at:

https://www.freebsd.org/doc/en/articles/contributing/ports-contributing.html#maintain-port
 うむ、メッセージとは、こうでなくっちゃ。  以下で使う「meunmaker」がなければ、下記のようにします。

cp /usr/local/etc/xdg/openbox/menu.xml ~/.config/openbox/menu.xml
chmod 644 ~/.config/openbox/menu.xml
 ただし、これ、全部英語だし、存在しないファイルもメニューに組み込まれちゃいます。  前の方のページにも掲載しましたが・・・。  これで作成されているメニューが・・・。
「Openbox FreeBSD 12.1」-「デフォルトのメニュー」

 てな感じで、実際、最上位の「Accessories」→「Calculater」を起動しようとすると、「gnome-calculator」を起動しようとして。
 『そんなもん、ねぇよ』っていうダイアログが表示されるのです。

3. メニュー作成

 では、ありもので、メニューを作成しましょう。  インストールの項目で、インストールしている「menumaker」で作成します。  man もないので、いささかつらいですが・・・。  ログインユーザの端末で

mmaker -vf Openbox
 これで「~/.config/openbox/menu.xml」を上書きします。  元々のメニューで  「右クリック」→「System」→「Reconfigure Openbox」
「Openbox FreeBSD 12.1」-「右クリック」→「System」→「Reconfigure Openbox」

 そうするとメニューの内容が変わったことがわかります。
 「Obmenu」も加わりました。

「Openbox FreeBSD 12.1」-「編集後のメニュー」「System」

 微妙に日本語の箇所もあります。

「Openbox FreeBSD 12.1」-「編集後のメニュー」「Openbox」

4. メニュー編集

 では、一例として、メニューのカテゴリ「アクセサリ」を作成しておきましょか。  「右クリック」→「System」→「Settings」→「Obmenu」で「Obmenu」を起動して  最上位にいれるので、最上位の「Development」を選んでおいて  「New Menu」
「Openbox FreeBSD 12.1」-「Obmenu」「編集前」

 「Label」に「アクセサリ」と入力して
 「保存」(「」フロッピーアイコン)

「Openbox FreeBSD 12.1」-「Obmenu」「アクセサリ追加」

 この変更は、すぐ反映されるようです。

「Openbox FreeBSD 12.1」-「アクセサリ追加後のメニュー」

 一通り、メニューの最上位は、日本語の方が分かりやすいものは、日本語にしておきました。

「Openbox FreeBSD 12.1」-「メニューカテゴリ 日本語化」

 まぁ、これやっちゃうと、再度 menumaker を実行すると、ご破算になっちゃうので。
 いれておきたいアプリケーションを一通り、インストールしてからやるか。
 アプリケーションをインストールする都度、メニューを編集するかですわな。


 
 
カウンタバックグラウンド