Openbox - FreeBSD 12.1 - 基本操作 - パネル

 
1. 概要
2. インストール
3. 設定ファイル作成
4. 自動起動

1. 概要

 これも、「Manjaro」で使用していた、「tint2」を使います。

2. インストール


pkg install -y tint2

3. 設定ファイル作成

 設定ファイルは

~/.config/tint2/tint2rc
 なのですが、インストールのみでは、作成されないようです。  グラフィックログインして、端末を開いて

tint2
 そうすると、エラーだか、警告だかが、わらわらと出力されますが、パネルが表示されます。
「Openbox FreeBSD 12.1」-「tint2」「デフォルトの状態」

 とりあえず、「~/.config/tint2/tint2rc」は、作成されるので、ゆっくり編集することとします。

4. 自動起動

 グラフィックログインしたら、自動起動するようにします。  「~/.config/openbox/autostart」では、まだ動作しないのです。  しょうがないので

~/.xinitrc
 を編集して

exec $1
 より前の行に、下記の行を加えておきます。

tint2 &
 とまぁ、ここまでは、やりました。  しかし、次ページのメニューと合わせて使いたかったのですがうまく設定できなかったので、結局、今回はここで断念します。
 
 
カウンタバックグラウンド