Openbox - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 設定 FreeBSD
4. 設定 ArcoLinux
5. 設定 MX Linux
6. 設定 SparkyLinux
7. 状況

1. 概要

 プラットフォームによっては、あらかじめ、「xfce4-screenshooter」がインストールされていたりします。  わたしは、以下のショートカットキーを割り当てて
Print		全画面キャプチャ
・Ctrl+Print	アクティブウィンドウキャプチャ
 あわよくば、一気にクリップボードにコピーしておきたいと思います。

2. インストール

 それぞれのプラットフォームで用意されている、パッケージ管理プログラムで、以下のいずれかをインストールします。
キャプチャプログラム   インストールするパッケージ   備考
mate-screenshot mate-utils
gnome-screenshot gnome-screenshot, gnome-shells
xfce4-screenshooter xfce4-screenshooter, xfce4-clipman

 「FreeBSD」


pkg install -y mate-utils
 「MX Linux」

apt install -y xfce4-screenshooter xfce4-clipman
 「SparkyLinux」

apt install -y xfce4-screenshooter xfce4-clipman-plugin

3. 設定 FreeBSD

 「FreeBSD」では、カスタマイズ用にファイルをコピーするところから

cp /usr/local/etc/xdg/openbox/rc.xml ~/.config/openbox/rc.xml
vi ~/.config/openbox/rc.xml

  </keybind>
</keyboard>
 下記のように行を追加します。

  </keybind>
  <keybind key="Print">
    <action name="Execute">
      <command>mate-screenshot</command>
    </action>
  </keybind>
  <keybind key="C-Print">
    <action name="Execute">
      <command>mate-screenshot -w</command>
    </action>
  </keybind>
</keyboard>

4. 設定 ArcoLinux


vi ~/.config/openbox/rc.xml

    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>scrot 'ArcoLinux_%Y-%m-%d-%S_$wx$h.png' -e 'mv $f $$(xdg-user-dir PICTURES)'</command>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="A-Print">
      <action name="Execute">
        <command>scrot -d 5 'ArcoLinux_%Y-%m-%d-%S_$wx$h.png' -e 'mv $f $$(xdg-user-dir PICTURES)'</command>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="C-Print">
      <action name="Execute">
        <command>xfce4-screenshooter</command>
      </action>
    </keybind>
 を下記に変更します(351、361行)。

    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>xfce4-screenshooter -c -f</command>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="A-Print">
      <action name="Execute">
        <command>scrot -d 5 'ArcoLinux_%Y-%m-%d-%S_$wx$h.png' -e 'mv $f $$(xdg-user-dir PICTURES)'</command>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="C-Print">
      <action name="Execute">
        <command>xfce4-screenshooter -c -w</command>
      </action>
    </keybind>
 これで、一気にクリップボードにコピーまで、行えます。

5. 設定 MX Linux

 「xfce4-clipman」の起動。

cat << EOF >> ~/.xsessionrc

xfce4-clipman &
EOF
 カスタマイズ用にファイルをコピーして編集

cp /etc/xdg/openbox/rc.xml ~/.config/openbox/rc.xml
vi ~/.config/openbox/rc.xml

    <!-- Launch scrot when Print is pressed -->
    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>scrot</command>
      </action>
    </keybind>
 を下記へ変更します。

    <!-- Launch scrot when Print is pressed -->
    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>xfce4-screenshooter -c -f</command>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="C-Print">
      <action name="Execute">
        <command>xfce4-screenshooter -c -w</command>
      </action>
    </keybind>

6. 設定 ArcoLinux

 「SparkyLinux」では、まず、「xfce4-clipman」の起動から

cat << EOF >> ~/.config/openbox/autostart.sh

xfce4-clipman &
EOF
 次に

vi ~/.config/openbox/rc.xml

    <!-- Launch screenshot when Print is pressed -->
    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>gscreenshot</command>
      </action>
    </keybind>
 を下記へ変更します。

    <!-- Launch screenshot when Print is pressed -->
    <keybind key="Print">
      <action name="Execute">
        <command>xfce4-screenshooter -c -f</command>
      </action>
    </keybind>
    <keybind key="C-Print">
      <action name="Execute">
        <command>xfce4-screenshooter -c -w</command>
      </action>
    </keybind>

7. 状況

 前項にも記しましたが、「ArcoLinux 19.12.15」では、「xfce4-screenshooter」で、クリップボードへのコピーまで行えました。  ディストリビューションごとの状況を、確認できたときに記しておきます。
  状況   ディストリビューション 備考
「xfce4-screenshooter」で、クリップボードのコピーまで可ArcoLinux 20.07.5
Manjaro 19.0
MX Linux 19.2
SparkyLinux 5.12

 「FreeBSD」では、バックグラウンドでの「xfce4-screenshooter」のクリップボードから「VirtualBox」のクリップボードへのコピーが機能しませんので、「mate-screenshot」を使用します。

SirusiJETBOY
 
 
カウンタバックグラウンド