Fluxbox - 共通事項 - メニュー - tint2・jgmenu

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. 自動起動
4. tint2
5. jgmenu

1. 概要

 最近(2021年2月2日)は、この手のデスクトップでは、「jgmenu」を使うことにしているのです。

2. インストール

 「jgmenu」を「tint2」と共にインストールします。  「root」ユーザ権限で。  「PCLinuxOS」

apt-get install -y jgmenu tint2

3. 自動起動

 「tint2」が自動起動するように設定します。  ログインユーザで。  「PCLinuxOS」

vi ~/.fluxbox/startup

# Because it is the last app you have to run it with ''exec'' before it.

exec fluxbox
 20~22行の間に、次の1行を追加して、「tint2」を起動するようにします。

tint2 &

4. tint2

 ログインユーザで。

vi ~/.config/tint2/tint2rc

panel_position = bottom center horizontal
 「Fluxbox」のバーと重なっているので、「tint2」は上へ。

panel_position = top center horizontal

taskbar_name_active_background_id = 0
taskbar_name_font_color = #e3e3e3 100
 フォント設定。

taskbar_name_active_background_id = 0
taskbar_name_font = Migu 1M 10
taskbar_name_font_color = #e3e3e3 100

launcher_item_app = tint2conf.desktop
 「tint2」はいじらないので、代わりに「jgmenu」を起動。

launcher_item_app = jgmenu.desktop

5. jgmenu

 ログインユーザで。  コンフィグレーションファイル作成

jgmenu_run init
 編集。

vi ~/.config/jgmenu/jgmenurc

# menu_margin_x = 0
# menu_margin_y = 0
 基点からの距離をずらします。

 menu_margin_x = 10
 menu_margin_y = 30

# menu_valign = bottom
 表示位置を下から上へ。

 menu_valign = top

# item_height = 25
# item_padding_x = 4
# item_radius = 1
# item_border = 0
# item_halign = left
# sep_height = 5
# sep_halign = left
# sep_markup =
# font =
 項目の幅を狭くして、フォントを設定。

 item_height = 22
# item_padding_x = 4
# item_radius = 1
# item_border = 0
# item_halign = left
# sep_height = 5
# sep_halign = left
# sep_markup =
 font = Migu 1M 10

# csv_name_format = %n (%g)
 項目名が冗長なので、説明は省略。

# csv_name_format = %n (%g)
 終了メニューを追加。

sh
cat << 'EOF' >>  ~/.config/jgmenu/append.csv
^sep()
ログアウト,pkill fluxbox,system-log-out
再起動,sudo /sbin/reboot,system-reboot
シャットダウン,sudo /sbin/poweroff,system-shutdown
EOF
exit
 再起動、シャットダウンに関しては、「sudo」のインストールと。

visudo
 で、下記の記述が必要です。

ユーザ名	ALL=(ALL)	NOPASSWD: /sbin/poweroff, /sbin/reboot
JETBOY損保との違いスマ電
 
 
カウンタバックグラウンド