Fluxbox - 共通事項 - 画面キャプチャ - xfce4-screenshooter

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. クリップボードマネージャ
4. ショートカットキーの設定
5. 問題点

1. 概要

 「FreeBSD」には、デフォルトの画面キャプチャプログラムはありません。  「antiX」の場合、「antiX」が用意している、画面キャプチャがありますが、クリップボードにコピーできないので、不便です。  なので、いずれも、画面キャプチャプログラムを別途インストールして使用します。  使用時にわかったことですが、「GNOME」以外のデスクトップでは、メニューを表示している状態で、Print を押すと、メニューが消えてしまうのですが(この一点において、「GNOME」は、さすが・・・)。  「Fluxbox」は、「GNOME」と同様、メニューを表示した状態で、Print を押しても、Print をショートカットキーとして割り当てているプログラムが機能します。  「antiX」「MX Linux」では、「xfce4-screenhooter」を「xfce4-clipman」と共に使用すれば、ショートカットキーで、クリップボードへコピーまでできます。  2020年11月9日、「FreeBSD」でも「xfce4-screenhooter」が、うまく機能することがわかりました。  しかも、メニューを表示していても、スクリーンショットの取得とクリップボードへのコピーが可能です。  「PCLinux」で「KDE」上にインストールした、「Fluxbox」では、「xfce4-screenhooter」がこけちゃうので使えませんでした。

2. インストール

 いずれも、「root」ユーザで  「antiX」「MX Linux」

apt install -y xfce4-screenshooter xfce4-clipman
 「FreeBSD」

pkg install -y xfce4-screenshooter-plugin xfce4-clipman-plugin

3. クリップボードマネージャ

 「antiX」「MX Linux」では、クリップボードマネージャ「xfce4-clipman」をログイン時に起動します。  ログインユーザで

vi ~/.fluxbox/startup

# And last but not least we start fluxbox.
# Because it is the last app you have to run it with ''exec'' before it.

exec fluxbox
# or if you want to keep a log:
# exec fluxbox -log "~/.fluxbox/log"
 の前に、下記の1行を追加します。

xfce4-clipman &
 上記の行番号は、「MX Linux」のものです。  「antiX」では、行番号が異なるのと「fluxbox」が、パス付で記述されていますので、ご注意ください。  「FreeBSD」で「SDDM」使用時は  「root」ユーザで

sh
cat << 'EOF' >> /usr/share/skel/dot.xsession

xfce4-clipman &
EOF
exit
 ログインユーザで

cp /usr/share/skel/dot.xsession ~/.xsession

4. ショートカットキーの設定

 下記のショートカットキーを設定します。 ・Print 全画面キャプチャ ・Ctrl+Print アクティブウインドウキャプチャ  (「xfce4-screenshooter」の場合は、クリップボードへのコピーまで)  「antiX」「FreeBSD」では、末尾に以下を加えます。

sh
cat << 'EOF' >> ~/.fluxbox/keys

# Capttue Screen
Print         :Exec xfce4-screenshooter -c -f
Control Print :Exec xfce4-screenshooter -c -w
EOF
exit
 「MX Linux」では  ログインユーザで

vi ~/.fluxbox/keys

# take a screen capture
none Print :Exec /usr/bin/xfce4-screenshooter
 を下記へ、書き換えます。

# take a screen capture
Print         :Exec /usr/bin/xfce4-screenshooter -c -f
Control Print :Exec /usr/bin/xfce4-screenshooter -c -w

5. 問題点

 「antiX」で、以前、下記の問題が起きていました。  「mate-screenshot」を「-w」オプションで起動すると、「mate-screenshot」がこけるのです。  これは、困った。  「gnome-screenshot」も機能するようなので、試してみると「gnome-screenshot」もアクティブウインドウをキャプチャしようとするとこける。  デスクトップを「IceWM」に切り替えると、正常に動作するので、オペレーティングシステムやディストリビューションのせいではなく、「Fluxbox」に何か問題がありそうなのですが・・・。  結局、「xfce4-screenshooter」を使用するようになりましたので、上記の問題は解消しました。
 
 
カウンタバックグラウンド