Fluxbox - 共通事項 - 画面キャプチャ

 クラウディア
1. 概要
2. インストール
3. ショートカットキーの設定
4. 問題点

1. 概要

 「FreeBSD」には、デフォルトの画面キャプチャプログラムはありません。  「antiX」の場合、「antiX」が用意している、画面キャプチャがありますが、クリップボードにコピーできないので、不便です。  なので、いずれも、画面キャプチャプログラムを別途インストールして使用します。  使用時にわかったことですが、「GNOME」以外のデスクトップでは、メニューを表示している状態で、Print を押すと、メニューが消えてしまうのですが(この一点において、「GNOME」は、さすが・・・)。  「Fluxbox」は、「GNOME」と同様、メニューを表示した状態で、Print を押しても、Print をショートカットキーとして割り当てているプログラムが機能します。

2. インストール

 わたしは、使い慣れた、「mate-screenshot」を使用します。  オペレーティングシステム・ディストリビューションで用意された、パッケージ管理プログラムで、「mate-utils」をインストールします。  「FreeBSD」

pkg install -y mate-utils

3. ショートカットキーの設定

 下記のショートカットキーを設定します。 ・Print 全画面キャプチャ ・Ctrl+Print アクティブウインドウキャプチャ

~/.fluxbox/keys
 の末尾に定義を加えます。

cat << EOF >> ~/.fluxbox/keys

# Capttue Screen
Print         :exec mate-screenshot
Control Print :exec mate-screenshot -w
EOF

4. 問題点

 困った問題が起きています。  「antiX」で、「mate-screenshot」を「-w」オプションで起動すると、「mate-screenshot」がこけるのです。  これは、困った。  「gnome-screenshot」も機能するようなので、試してみると「gnome-screenshot」もアクティブウインドウをキャプチャしようとするとこける。  デスクトップを「IceWM」に切り替えると、正常に動作するので、オペレーティングシステムやディストリビューションのせいではなく、「Fluxbox」に何か問題がありそうなのですが・・・。  コアを吐かせたり、までしていないので、今のところ対策できていません。
 
 
カウンタバックグラウンド