Fluxbox - 共通事項 - 概要

 クラウディア
1. 概要
2. 設定ファイル
3. 設定を反映させるには

1. 概要

 ここでは、オペレーティングシステム・ディストリビューションに依らず、「FluxBox」の共通的な操作やカスタマイズ方法について、記述していきます。  本節は、下記のサイトを参考にさせていただきました。
Fluxbox - ArchWiki」
「fluxbox information
 先頭のサイトは、他のデスクトップ環境に関する記事もあり、いろいろとお世話になっています。  「fluxbox information」は、「Fluxbox」のバイブル的な要素があります。  どんな世界にも達人という人は、いるものですね。

2. 設定ファイル

 システムの基本的な設定ファイルは、下記のディレクトリにあります。

/usr/local/share/fluxbox/	←	FreeBSD
/usr/share/fluxbox/			←	Linux
 ユーザ用は、どのプラットフォームでも同じ

~/.fluxbox/
 になります。  ディレクトリ配下に、以下のようなテキストファイルが用意されています。
 ファイル名    定義内容   備考
apps 特定のアプリのウィンドウ設定
init 参考サイトには、リソースの設定ファイルと書いてありますが
初期化ファイル?
keys ショートカットキーの定義
lastwallpaper 壁紙?
menu メニューの設定
overlay スタイルの要素を上書きするファイル(って何?)
startup ログイン時に自動起動するはず・・・ ※1
windowmenu ウィンドウメニューの設定

 ※1 他のものは「FreeBSD」では、デフォルトでファイルが存在しておりましたが、「startup」のみは、存在していませんでした。

3. 設定を反映させるには

 以下は、「FreeBSD 12.1 RELEASE」「fluxbox-1.3.7_5」の画像です。  前項のファイルを変更した際、反映させるには、ログインしなおしゃいいんですが、ログインしたまま反映させるには  デスクトップ上右クリック →「Fluxbox menu」→「Reload config」
「Fluxbox」-「Fluxbox menu」→「Reload config」

TSUTAYA DISCAS
 
 
カウンタバックグラウンド